引越しで行う手続きリスト

引越しの際に行う手続きを纏めました。

 

日程の段取りが組めたら、その後は各種手続きを行う必要があります。

 

項目ごとに、引越しの前と後でそれぞれやる事を説明しています。

 

できるだけスムーズに新生活を始めるために、事前の準備をご確認ください。

 

まずは市役所関係のチェックリストになります。

市役所の手続き

引越し前

引越し後

転出届

印鑑と身分証を持参。住居異動届を出して転出証明書を貰う。 転出証明書と印鑑を持参して引越し後14日以内に転入届を出す。

印鑑登録

転居届を出すと消去される。同市内での引越しならやる必要は無い。 新規で印鑑登録を行うので、実印を持参する。

国民健康保険

保険証と印鑑を持参。異動届を出して保険証を返却する。 転入届と一緒に行う。

国民年金

転入先で行う。 年金手帳・印鑑を持参し、引越し後14日以内に行う。

福祉関係

児童手当などの刺客喪失届を出す。印鑑を持参する。 印鑑を持参し、児童手当等の書類や申告書を提出。

原付バイク

ナンバープレート・車両番号公布証明書・印鑑を持参し、廃車届の提出。 廃車届・住民票・印鑑・車体ナンバーの写しを持参。

 

市役所への手続きは引越し後速やかに行ってください。

 

住所変更や健康保険と生活に関わっている物が多いからです。

 

引越ししてすぐに行うのが良いですが、土日が仕事の休みの場合は平日の午前中に有給休暇を使って行くと良いでしょう。

 

では次に教育機関への手続きになります。

転校手続き

引越し前

引越し後

保育園・幼稚園

インターネットで引越し先の自治体に問い合わせる。 転入希望の保育園・幼稚園に連絡を行う。

公立の小・中学校

印鑑と転出証明書を持参。異動票を発行してもらい、今通っている学校に提出する。学区から在学証明書と各種書類を貰う。 在校証明書や各種書類を教育委員会へ提出。その時に転入校の指定が行われる。

公立の高校

各都道府県によって異なるので、引越し先の教育委員会へ問い合わせる 通う高校が変わらない場合は住所の変更だけ伝える。

私立の小・中・高校

編入希望の学校へ直接問い合わせる。 手続きが出来たら登校開始。

教育機関への手続きは子供の為にも事前から行っておいてください。

 

同市内や近隣の場合ですと、高校ですと転校の必要性はありません。

 

次は郵便局における手続きとなります。

郵便局

引越し前

引越し後

郵送物転送願い

転居届けを現在の管轄の郵便局に提出。1年間新居に転送してくれる。 必須ではないが、管轄の郵便局に転入届を出しておくと配達がスムーズになる。

郵便貯金

引越し後に通帳の住所変更 通帳と印鑑を持参して管轄の郵便局で住所変更を行う。

郵便局の手続きは転送届が最も重要です。

 

転居先に手紙などが届くように早めに転居届は出すようにしてください。

 

1年間は転送してもらえますので、各種手続きの書類やレターも新居に届けてくれます。

 

では次に金融機関です。

金融機関

引越し前

引越し後

銀行貯金

引越し先に支店がある場合は住所だけ変更する 最寄りの支店に印鑑と通帳を持参して住所変更の手続きを行う。

公共料金引き落とし

引越し後に手続きを行う。 既存の口座を継続する、もしくは新規開設の口座でもよい。

銀行は引越し先に支店が無い場合でも継続して使っていても問題ありません。

 

ただし、住所変更だけは行っておいてください。

 

そこで引越し先に支店が無い場合は今の支店にて行うようにしてください。

 

次は電気・ガス・水道と生活に欠かせないインフラです。

電気・ガス・水道

引越し前

引越し後

電気

停止日と引越し後の開始予定日を連絡 新居のブレーカーを上げて使用開始。

ガス

停止日と引越し後の開始予定日を連絡 ガス業者立会いのもと開栓を行う。

水道

停止日と引越し後の開始予定日を連絡 開始予定日に業者が開栓しておいてくれる。

基本的にこの3つはそれぞれホームページがありますので、そこで電話番号が分かります。

 

引越し前に、旧居でいつ停止するのか?と新居の住所と開栓する日取りを伝えてください。

 

あとは開始予定日にそのまま使っていく事が出来て生活にも困りません。

 

次は電話とインターネットです。

電話の移設

引越し前

引越し後

移設工事

契約している電話会社に連絡1か月前から行える。 継続利用・新規利用ともに業者が設置に来る。

インターネット

プロバイダを継続・解約ともに連絡を行う。 電話会社と同じ場合は同時に行い、ケーブルTVなどの場合は事前に決めた予定日に行う。

電話とインターネットは基本的に同時利用する方が多いので、両方まとめて行るのがメリットです。

 

ただ、インターネットをケーブルTV系のプロバイダを使っている場合は引越し先の管轄に入っているかどうかを調べねばなりません。

 

そこで管轄外ですと解約となります。新たに管轄のケーブルTVと契約し直す必要があるのです。

 

最後に運転免許証です。

運転免許証

引越し前

引越し後

住所変更手続き

引越し後に行う。 引越し後15日以内に管轄の免許センターか警察署の交通課へ行き、申請書類を書く。その際に新住所を証明できるもの(手紙など)も持って行く。

運転免許証は住所が変更したら必ず警察署もしくは免許センターで行ってください。

 

免許の裏面に新しい住所を記入してもらえます。免許が更新になった際に、表に新住所の表記が入るようになります。

 

また、新住所に届いた書類などの封筒を必ず持って行ってください。

 

新しい住所を証明する物として必要だからです。引越し直後に届く手紙などでも大丈夫です。

 

以上が引越しの前後で手続きを行うリストとなります。


TOPへ戻る