旧居から退去する時の解約

旧居から退去する時の解約は正しい手順で行ってください。

 

引越しが決まった場合、最初にやるべき事があります。

 

それは今住んでいる自宅の大家さん、もしくは仲介している不動産会社に連絡して退去する意思を伝えねばなりません。

 

退去の申し出は物件にもよりますが、おおむね30日前までに行う必要があります。

 

これは賃貸契約を結んだ場合に交わす賃貸借契約書に記載されており、退去を伝える時期も明記されています。

 

例えば退去の2か月前に告知しなければならないのを知らずに1か月前にやってしまう事もあります。

 

その場合、差し引きの1ヶ月分の家賃を請求されてしまう事もありますので、必ず契約書をご確認ください。

 

 

契約書に解約予告期間の記載がない場合、3か月前までに予告しなければならないと民法で定められています。(民法617条1項2号)


家賃の二重払いを防ぐ

家賃の二重払いというものがタイミングによっては生じてしまいます。

 

退去を伝えてから新居への引越しを行うまで、若干の被り期間が出てしまうケースがあります。

 

先に新居を決めてから旧居の退去をするまでの期間に、1〜3か月分の家賃が両方に支払わねばならないという事です。

 

ですので、退去までの告知期間が長い場合は先に退去を伝えてから新居を探すという方法もあります。

 

そこで新居を先に決めてから現在の賃貸を解約する方がスムーズに引越しを進められるでしょう。

 

ただし、告知期間内に新居を決定しなければなりませんので念入りに探してください。

 

もしも退出予定日までに新居が見つからなかった場合、予定日を越えてから強制退去はさせられません。

 

 

強制退去がない代わりに、日割り清算で家賃を支払う必要が出てきます。


持ち家を処分する場合

持ち家からの引越しの場合2種類の処分方法があります。

 

個人所有の持ち家の場合は家賃はありませんが、代わりにローンがあります。

 

なので結局のところ、家賃を払い続けている状態と変わりがありません。

 

そんな持ち家を処分する場合にどのような選択肢があるかを知っておいてください。

 

選択肢は、売却もしくは賃貸として利用するかのいずれかです。

 

売却する場合は専門の不動産業者に相談するのが安心です。

 

売却には時間もかかり、必要な書類も数多くそろえなければなりません。

 

では両方の解説をいたします。

 

 

どっちを選ぶかは残債と相談してみてくださいね。


売却する場合

売却を行う場合はローンの残高が関係してきます。

 

ローンが完済している場合は気にせずに売却できます。

 

残っている場合はローンの残債に対して売却金額が上回っている必要があります。

 

基本的に住宅を売却する時はローンも一括返済しなければならないからです。

 

抵当権は担保のようなもので、この抵当権を解除するのに一括返済をしないと家の売却はできません。

 

売却するには以下の手順が必要となります。

  1. 物件の価格査定
  2. 不動産業者へ媒介を依頼
  3. 購入予定者の内覧
  4. 売却条件の交渉
  5. 売買契約の締結と手付金の受領
  6. 物件の引き渡しと残金の決済

この手続きを見ただけでも非常に手間のかかる内容です。

 

また物件の査定も行う業者次第で数百万の差が出る事もあります。

 

そこでこちらの査定サイトを利用する事で一番高い査定額を出す事が可能です。

 

不動産査定はこちらイエウール

 

 

これでローン残債を越える査定額が出れば売却手続きを進める事が可能です。


賃貸にする場合

賃貸として運営するメリットがあります。

 

それは家賃収入が得られるという事です。

 

家賃が入ればローンの支払いを相殺することができるので、うまくいけばプラス収支に持って行く事も可能です。

 

ですが、家の築年数が古い場合ですとリフォームの必要も出てきます。

 

この場合は家賃でリフォーム費用を回収できるかどうかが判断基準になります。

 

 

賃貸で貸し出す事で家の中が自然損耗したり内装が汚損する事は前提として考えておいてください。


空屋で放置になった場合

空屋の状態で処分が決まらない場合も出てきます。

 

その期間が短ければよいのですが、年単位で空家になった場合に痛みが加速します。

 

家は人が住んでいないと痛み出すのですが、それは生活の中で空気を入れ替えたり水が流れたりする事がなくなるからです。

 

特に湿気は家にとってダメージとなります。湿気が溜まり続けてカビが畳や壁に生えてくるからです。

 

また給水管と排水管も水が流れ無くなる事により、内部で錆が発生してしまうからなのです。

 

そこで家の痛みを防ぐために月に1回は換気・通水を行うようにしてください。

 

遠くに引っ越して難しい場合は、留守宅管理の専門業者に任せると良いでしょう。

 

 

これで家の痛みも起きずに資産価値を下げる事無く売却できるようになります。



TOPへ戻る