楽器が使える物件は探し方にコツが必要です

楽器が使える物件を探す方はかなり限られています。

 

音楽大学に通う学生、もしくは音楽活動をされている社会人の方だからです。

 

もしくは子供にピアノやバイオリンを習わせたいという家庭と、ある程度絞られます。

 

そこで楽器を使用してもよい物件は探す際に「楽器可能物件」かどうかをまず確認してください。

 

こういった物件ですと、壁に防音対策もしてるので安心して楽器を演奏する事が出来るでしょう。

 

特に物件を探す際の狙い目のエリアは音楽大学がある近隣地域に絞ってみてください。

 

音楽大学があるという事は、近辺の物件には音大生が住む事を前提に建てられた物件がある可能性が高いのです。

 

マンションやアパートといった集合住宅が見つからない場合は一軒家にも目を向けてみてください。

 

集合住宅と比較し、遮音性や吸音性が高くなっているのです。

 

集合住宅に関しては音に対する厳密なルールはありません。これは住む人の感じ方次第だからなんです。

 

うるさいと感じる人もいれば、全く気にしない人もいますので一概には言えません。

 

ただし、楽器を使用する時間帯を夜は避ける、なるべく昼間に使うようにするといった常識の範囲内は求められるでしょう。

 

もしもクレームが来た場合は自分で責任を持って対応する以外にありません。

 

集合住宅の防音性が高いからといって、必ず音を防げるというものではないのでご注意ください。

 

楽器が使える物件は探し方のコツさえ掴めば見つけられる可能性は高まります。

 

そこで、まずは音楽大学のある地域のリサーチから始めていくのが良いでしょう。


TOPへ戻る