引越しの時に家具はどうやって運ぶ?

引越しの時に家具はどうやって運ぶかを解説していきます。

 

引っ越しの際に一番大きな荷物となるのが家具です。

 

特に大人数の家庭ではタンスやベッドといった1人で運ぶのが困難なものがあります。

 

他にも食器棚も大きな家具ですので、とてもではありませんが1人では運べません。

 

こんな時は引越し業者に任せるのが安心できます。

 

専用のカバーや道具を用意していますので、傷つける事無く新居まで運んでくれます。

 

引越しをされる方の中には自分でトラックを借りてきて運ぼうとする方もいますが、あまりの大きさに断念する方もいらっしゃいます。

 

また引越し業者に依頼しても、家具は自分で運ぶと決めておきながら当日になって困難となって業者に急きょ依頼する方もいたりします。

 

ですが、こういう場合は追加料金が発生しますし、トラックに予定以上の荷物が入る事で予想外のトラブルが起きる可能性もあります。

 

そこで以下でそれぞれの家具についての運び方や準備のコツをご紹介して行きますのでご参考ください。

 

タンス

タンスは特に大きな荷物となります。

 

用途によってサイズも様々ですが、基本的には引越し業者は問題なく運んでくれます。

 

かつてはタンスの中身を全て出しておいてほしいと言われて事前の準備を行う必要性がありました。

 

ですが現在では運搬技術が進歩した事により、タンスの中身はそのままでも運べるようになったのです。

 

タンスを丸々梱包素材で覆ってしまえるので、引き出しが飛び出る事がなく安心できます。

 

衣類などはそのままでも良いですが、引き出しに入れた貴重品だけは別で持って行くようにしてください。

 

特に預金通帳・宝石といった貴重品は自分で責任を持って保管するようにしてください。

 

引き出しに入れっぱなしの場合、紛失する可能性がありますので本人が個別で運ぶのが良いでしょう。

 

ベッド

ベッドは引越しにおける大がかりな家具です。

 

購入した際に自宅へ運び入れるのは家具配送業者で、その場で組み立てます。

 

引越しでも同じようにベッドを1度分解してから運びます。

 

分解した後は各パーツごとに纏め、ネジも紛失しないように注意してください。

 

マットレスや布団に関しては専用の布団ケースがあるので汚れる事無く運べます。

 

ただし、ベッドのサイズがキングサイズなどの大型だった場合に困難な部分が出てきます。

 

それは2階以上に持って行く際にマットレスが階段に引っかかる事があります。

 

これは新居の階段の向きにもよるのですが、入り組んでいる場合は外からクレーンで吊り上げる事になります。

 

もしくは2階のベランダから専用のレールを用意して吊り上げて搬入を行います。

 

ですが、引越し業者はそういった事も想定の範囲内ですので安心して任せられます。

 

椅子

椅子は引越しで必ずと言っていいほど運ぶ家具です。

 

サイズも様々ですが、専用のカバーを装着して運ぶので汚れや傷が付く事はありません。

 

また椅子の素材も木製から金属製までありますが、取扱いには細心の注意をはらってくれます。

 

特にアンティークの椅子の場合は事前に伝えておく事が大事です。

 

破損がないように慎重に扱ってくれますので、自分で運ぶよりも安心できます。

 

ベッドのように分解して運ぶ事は無く、そのままの形で持って行きます。

 

例外として、トラックへ搬入する荷物がギリギリの場合は空いたスペースに入れるために分解できるタイプはそうする事もあります。

 

ソファー

ソファーは引越し業者でも頭を悩ませることがあるくらいです。

 

他の大き目な家具と違い、ソファーは横幅がかなりあります。

 

2人掛けのサイズでしたら、そのまま問題なく運べますが、3人掛け以上になると難易度が上がります。

 

3人掛け以上になると、サイズも非常に大きくなりトラックの荷台でもかなりのスペースを取ります。

 

基本的には分解して運ぶ事になるのですが、1人で運ぶ事になると台車を用意していないと難しいでしょう。

 

一般乗用車だとソファーを積み込む事が不可能に近いので、レンタカーで1BOX車を借りても小型ソファーしか積む事が出来ません。

 

こういった場合は引越し業者に任せるのが一番安心できます。

 

ピアノ

ピアノの運搬はサイズによって特殊な扱いとなります。

 

引越し業者では扱う事が出来ない場合が多く、ピアノ専門の運送業者に依頼する事となります。

 

エレクトーンの小型サイズなら普通に運べるので問題ありません。

 

アップライトピアノも食器棚と同程度のサイズなので普通に引越し業者が運んでくれます。

 

ただし、グランピアノだけは専門業者に依頼するので料金も別途必要になります。

 

また、新居の搬入口が狭くグランドピアノを搬入できない場合は分解してからの搬入となります。

 

食器棚

食器棚はサイズで運び方が変わります。

 

また必ず食器類は別で梱包してから運ばなければ割れてしまうので、業者から事前に指示があります。

 

縦長でホームセンターでよくある1万円前後のタイプですとそのまま運ぶ事が出来ます。

 

これは分割が出来ず、縦長なので、カバーをかけてからトラックに積み込みます。

 

そしてかなり大きなタイプですと2分割して運ぶ事になります。

 

上下で分解できる食器棚が多いので、それぞれ分けて運ぶのが業者でも一般的になります。

 

分割するタイプですとサイズもタンス並になるので、慎重に扱って傷が付かないようにしていきます。

 

テーブル

テーブルはサイズによって分解する必要があります。

 

単身用の小さなテーブルだと脚を畳む事でコンパクトに出来るので、カバーを簡単に被せられます。

 

家族用の大きなサイズになると、そのまま運ぶと脚が折れてしまう事もありますので必ず脚を分解してから運びます。

 

分解した脚はネジと一緒に纏めてカバーに包んで運びます。

 

天板も外してから持って行くのが安心できます。

 

業者だと専用のカバーがありますが、個人で行う場合はエアパッキンで包むのが安全で傷つけない方法です。

 

ただし、運搬時に乗用車に乗り切らないサイズも多いので引越し業者に任せるのが良いでしょう。

 

TV台

TV台は幾つかのタイプがあります。

 

タイプによって運び方に若干の違いが出てくるのです。

 

長方形のロータイプは壁に沿っておくタイプで、そのまま運ぶ事が出来ます。

 

逆に大きなミドルタイプ以上は分割してから運びます。

 

後が三角になっているコーナータイプは部屋の角にピッタリ合うようにできています。

 

この場合、後方が出っ張っているものはサイズの大きなカバーで包みます。

 

また、中央と左右に3分割している物があり、それぞれをカバーで包んで運びます。

 

引越しを行う際はTV台の中に入っている録画機器やゲーム機は必ず出しておくのが決まりです。

 

段ボールに個別で纏めて運ぶと紛失や傷が付くのも防ぐ事が出来ます。

 

ドレッサー

ドレッサーを運ぶ際には注意が必要です。

 

女性の為にある家具ですが、引っ越しの際には鏡が割れないようにしなければなりません。

 

付け加えて、ライトが付いている場合も電球が割れないように慎重に扱ってください。

 

運ぶ際にはデスク部と鏡の部分は分解して運びます。

 

引越し業者は、デスクと鏡にそれぞれカバーを取り付けてから積み込みます。

 

個人で運ぶ場合は脚が傷つかないようにエアパッキンで包んでおくと良いでしょう。

 

デスクの引き出しに入っているコスメは全て取り出し、箱に纏めてから運んでください。

 

引き出しの中に入ったままですと、移動の際に瓶が割れたり、紛失したりと予期せぬことが起きるからです。

 

ラック

ラックを運ぶ場合はサイズと素材によって扱いが変わります。

 

ラックは金属製のパイプでくみ上げるタイプと木製の2タイプです。

 

サイズは専用のカバーが掛けられるものですと、掛けてから運び出します。

 

大きなサイズになると分解してから新居で組みつけます。

 

分解して運ぶ際はマットなどの素材に部品を包んで輸送します。

 

金属製のラックだと、運びやすい形状のものが多く、そのままトラックに積み込んだりもします。


TOPへ戻る