引越し時の仏壇の取り扱い

引越しの家具の中でも特殊な荷物を代表するのが、「仏壇」です。

 

ご先祖様や大切な家族を敬う仏壇は非常に高価なものもありますので、引越しの際の扱いには特別神経をつかわなければならないアイテムであるといえるでしょう。

 

いや、仏壇の値段の問題ではなく、大切なご先祖様の居場所となるのが仏壇ですから、やはり引越しの際には最重要の荷物のひとつであるということにはなるでしょう。

 

最近のご家庭では、仏壇の引越しに関してあまり気をつかわないところも増えてきている印象があります。

 

単にふつうの荷物として扱う、もしくはふつうの荷物よりも丁寧に引越しをするといった程度で、あまり仏壇の引越しにこだわらないというところも増えている印象があります。

 

というか、そもそも仏壇があるご家庭自体が少なくなってきているということもひとつの傾向として顕著化しています。

 

ただ、もしちゃんと仏壇を引越しさせるのであれば、宗教的なしきたりにのっとって行う必要があるといわれています。

 

仏壇は、ご先祖様の魂が宿るものという認識ですから、引越しの際には、まずは「抜魂(ばっこん、『魂抜き』とも)」を行い、仏壇を引越し、引越し先で再び「入魂」を行うというのが、かつては当たり前と考えられていた仏壇の手順です。

 

引越しの際の抜魂の最も典型的な方法は、引越し前に一度ご先祖様のお墓に赴き、ご住職に墓前で法要をあげていただくという方法になります。

 

その後、入魂を行うわけですが、入魂に関しては、墓前や仏壇の前など、いろいろ方法があるようですから、もしそういった儀礼的なしきたりを重んじられるのであれば、引越しの際にはお付き合いのあるお寺さんなどで、お話をうかがうことをおすすめします。

 

また、仏壇の搬入・搬出に関しては、もちろん引越し業者に一任するという考え方もアリではありますが、もし非常に高価な仏壇であったり、ご本尊様が入った状態の仏壇であったりという場合には、もしかしたら、仏壇だけは、引越し業者に依頼するのではなく、ご自身で運ばれるほうが気持ち的にも落ち着くのではないかという気がします。

 

いずれにしても、大切なのは「こころ」ですから、仏壇の引越しの際には、できる限りのことをしてあげていただきたいと思います。

 

結論:宗派によって違いがあるので一度相談をしましょう


TOPへ戻る