引越しでソファーを運ぶのは自分か業者か?

引越しの際にソファーを自分で運ぼうと思った時にかなり難しい事に気が付きます。

 

実際にどうしようかと問題となることが多いのが、家具類や大型家電などのいわゆる「大物」です。大物の扱いがうまくいかないと、引越しの際に必要以上の時間とお金がかかってしまうことになります。

 

そして、大物家具のひとつとして、引越しの際に必ずといっていいほど問題になるのが、ソファーセットです。

 

引越しの際には、当然引越し業者を利用して、プロの力でスイスイ引越ししましょうという考え方の人は多くなると思いますし、もちろんその考え方自体はどこも悪いところはないのですが、ただ、なんでもかんでも引越し業者にお任せでよいかといえば、必ずしもそうとはいえません。

 

もちろん、予算は潤沢で、あまりめんどうなことは考えず、引越し業者に一任するという体制で引越しに臨むことができるのであれば、それはある意味理想なのですが、おそらく多くの人が、引越しの予算の部分に関して何かしらの問題意識を抱えているのではないかという気がします。

 

そういったケースでは、ソファーセットなどの大物家具類をうまく扱うと、引越しにかける予算を大幅に削減することができると考えられます。

 

引越し業者にもいろいろなタイプのサービスを提供しますので、どれも同じというわけではありません。

 

大家族が一度に引越しをするというようなケースでは、やはり何でもやってくれる引越し業者を利用するほうが、メリットが大きくなるケースが多いような気もします。

 

しかし夫婦ふたりだけでこぢんまりとした賃貸物件にお住まいの方が引越しをするというようなケースでは、ソファーセットなどの大物家具類だけを引越し業者に依頼し、小さいものはすべて自分たちだけで何とかしてしまおうという考え方は、予算削減という意味では、意外と有効だったりします。

 

もちろんそのためには、運転免許証と車が必要であるということにはなるでしょう。

 

ただ、免許さえあれば、車はレンタカーを利用したほうが、むしろ荷物の輸送には適している場合が多いですから、レンタカーの費用が多少かかったとしても、ピストン運転で可能な範囲の引越しであれば、ソファーセットなどの大物家具類だけを引越し業者に依頼して、小物はすべて自分たちや親類縁者、そしてお友だちだけを頼るという考え方が、かなり大きな金銭的なメリットを生みだすことになるといえます。

 

何もソファーセットのような大物家具類だけを引越し業者に依頼するのではなく、たとえばトラック1台分など、キリのいい部分だけを引越し業者に依頼するという考え方も有効です。

 

ただしソファーのサイズによっては自分たちで運ぶのが困難な場合が多いので、そういった時には業者に任せるのが一番安心できます。

 

結論:業者に任せるのが楽です


TOPへ戻る