引越しで箪笥を運ぶ前に

引越しの際には、タンスを運びだし、輸送し、そして引越し先に再び運び入れるというだけでも非常に大きな仕事量が必要になります。

 

だからこそ、当然引越し業者などに依頼して、タンスを運びだし、輸送し、再び運び入れてもらうことになるわけです。しかしそれで万事めでたしめでたし・・・とはならないのが、引越しの難しさ、タンス運びの奥の深さだったりします。

 

これはさすがに大げさかもしれませんが、しかし引越し業者に選べばもう何も心配はないというほど、タンスという家具は簡単なものではないことも実際にあるのです。

 

というのも、タンスにはその種類がたくさんあるからです。大きさが違うというのはもちろんですが、それだけでなく、材質によっては運びだし方も変わってきますし、また、材質が異なれば重さも違ってくるということで、引越し業者を依頼したとしても、タンスにまつわるトラブルは非常に起こりやすいといわれています。

 

そして何より重要なことは、引越しの際にタンスを運びだす準備をしっかりとしておくことです。

 

引越しの際にタンスを運びだす準備というのはつまり、タンスの中身をすべて出しておくという、まあちょっと考えれば当然そうした準備が必要になるとは思うはずです。

 

ところが、引越しの際にタンスの中身をどうすべきかという方法論に関しては、あくまでも業者によってという前置きはつきますが、最近ちょっと変わってきているのです。

 

どういうことかというと、業者によっては、タンスの中身はそのままでかまいませんというケースも増えてきているのです。

 

もちろん出してしまったものはわざわざもう一度入れなおすこともないですが、引越し先での手間を考えると、もしかしたらもう一度入れなおしたほうが後々助かるということも考えられるのです。

 

このように、引越し業界では、どんどん新しいテクニックが開発されているので、特にタンスのような大きなものの扱いがどんどん進化しているということについては、あらかじめある程度認識しておいたほうがよいという場合が多いです。

 

ですから、タンスなどの大物家具類を引越し業者などに依頼する場合には、まずは引越し業者側からのコメントをしっかり確認してから、「できるだけの作業」にかかるようにしていただくという手順がベターであるといえるでしょう。

 

まあもちろんタンスに限ったことではありませんが、引越し業者を利用するときには、業者側との確認作業をしっかりとしていただきたいと思います。

 

結論:業者に任せるのが一番安心できます


TOPへ戻る