引越しがベストな時期の運勢を知りましょう

引越しがベストな時期の運勢はいつか気になりますよね。

 

引越しで運気をよくする開運のポイントは2つあります。

 

まずは家の新築や賃貸などの吉方位の物件を見つける事が出来る方です。

 

これは時の利益を得ていますの。開運のポイントの1つ目としては「年回り」という呼び方をします。

 

そしてもう1つが「不動産」というものです。こちらは引越しで新たに住みはじめる家や土地に関わるものです。

 

この2つの要素を組み合わせ、運気が高まる時期に引越しを行うのがベストなのです。

 

 

「不動産に縁のある年回り」という時期が人それぞれ必ず訪れます。ではどんな時にそのタイミングが来るのか?というのを解説していきますね。


年回りの時期の判断基準

年回りの時期の判断基準は何を元に決めるのでしょう?

 

年回りの時期が来ているかどうかを判断するには年齢が関わっています。

 

自分の年齢を4の数字で割ってみましょう。そしてこの4で割り切れる年齢の時が「チャンス到来の年」と言われているのです。

 

4・8・12・16・20・24・28・32・36・40・44・48・52・56・60という4の倍数の年齢であれば良いのです。

 

これらを「ゼロ族の年」と風水では呼んでおり、大きなチャンスが舞い込んでくる絶好の機会です。

 

特に住宅ローンなどが組みやすくなる30代以降では不動産購入などのチャンスも訪れるとも言われています。

 

さらには十二支の自分の干支から見ても4年に一度は必ずチャンスが巡ってくるという事になります。

例えば自分の干支が子年ですと、辰年と申年の時期も運気が高まってチャンスを手にしやすくなるのです。

 

しかも年回りの前年の後半と、特年の前半も運気が高まったままなので、合計して2年間は運気に恵まれているという事になります。

 

 

運気が最大限に高まり、尚且つ長期間続く時期を狙ってマンションや一戸建てを購入するのが良いでしょう。


不動産に縁のある時期

不動産に縁のある時期はいつか気になりますよね。

 

それも年回りと同じく、不動産との縁に恵まれる時期も干支で分かります。

 

さらには自分の干支と4つ違いの月も不動産運の良い月です。

 

以下の表に干支と相性の良い月を纏めました。

 

自分の干支と縁のある月を知る事で運気を高める事が出来ます。

 

引越しを考えている場合に参考にしてみてください。

 

4か月違いは自分の干支から前でも後でも大丈夫です。

干支名 縁のある月 4つ違いの月
子年 12月 4月・8月
丑年 1月 5月・9月
寅年 2月 6月・10月
卯年 3月 7月・11月
辰年 4月 8月・12月
巳年 5月 9月・1月
午年 6月 10月・2月
未年 7月 11月・3月
申年 8月 12月・4月
酉年 9月 1月・5月
戌年 10月 2月・6月
亥年 11月 3月・7月

不動産に関する引越しで、自宅購入や賃貸を探す際にご活用ください。

 

これらの相性が良い月に不動産の契約を行ったり、引越しをすると運勢も最高の状態で行えます。

 

 

吉方位と組み合わせることによって大きな運気を掴めますよ!


引越しは運気が上がるベストな時期に行いましょう。

引越しをやってはいけない時期

絶対に引越しをやってはいけない時期が風水では存在します。

 

上記では引越しを行うベストなタイミングを紹介しましたが、逆にやってはいけないタイミングもあるという事なのです。

 

年回りや吉方位を守っていても、タブーとされているタイミングですと避けた方が賢明と言えます。

 

そこでタブーとされている内容を紹介します。

妻の妊娠中は避ける

妻の妊娠中の引越しはタブーとされています。

 

風水の世界では「子供の産まれる年に家を移ってはいけない」とされているからなのです。

 

ですが、これは一般的な考え方でも同じことが言えると思います。

 

妊娠中の女性は心も体も通常とは違った状態となり、ストレスをなるべく感じさせない事が大事です。

 

特に引越しとなると、大掛かりな移動や環境の変化が起きてしまいますのでストレスの原因となります。

 

荷物の片づけや整理、さらには搬入と搬出となると行ったり来たりで落ち着ける時間がなかなか取れません。

 

また初産の場合ですと特に神経質になっていたりもします。そして体調を崩しやすくなりますので胎児にも影響が出てしまいます。

 

精神的にも肉体的にも負担がかかってしまいますので、妊婦の体にとっては何一つ良い事はないのです。

 

例え、それが年回りや吉方位であっても環境が一変してしまう事で不安定な状態となってしまいます。

 

 

もし引越しを考えているなら、出産した翌年以降に持ち越すのが良いでしょう。


同居中の身内に不幸があった年は避ける

同居中の身内に不幸のあった年は引越しは避けましょう。

 

よくあるのが、一緒に暮らしていた祖父や祖母が亡くなった場合です。

 

風水の世界では「一周忌が済むまでは改築や家を移ってはいけない」と言われているのです。

 

不幸のあった年は、喪に服して年が明けるのを待つようにしてください。

 

この考え方は年賀状も出してはいけないという事と共通です。年賀状と引越しの両方を避けるというのを覚えておくと良いでしょう。

 

 

家族の中で大怪我や重い病気で体調を崩している方がいる場合も同様に避けてください。


受験や就職活動の時期

受験や就職活動の時期も引越しは避けましょう。

 

受験に就職活動を控えている場合も引越しを急がないようにするのが賢明と言えます。

 

特に受験や就職活動というのは今後の人生を左右しかねませんので、集中できる環境を維持するのが吉です。

 

ここで引越しをしてバタバタしてしまうと集中力を欠く事となり、希望の進路に勧めなくなってしまう可能性もあるのです。

 

引越しをするだけで、受験勉強に加えて荷物の整理に時間を取られてしまい、ストレスになって集中できなくなってしまいます。

 

同じく就職活動を行っている場合も余計なストレスを感じてしまうと面接の時に上手く話せなくなる可能性もあります。

 

引越ししたい場合は、受験が終わったり就職が決定した後で、精神的にゆとりが出来てからにするとスムーズに進みます。

 

 

環境の変化は大きなストレスになるので注意してください。



TOPへ戻る