引越しで風水パワーを最大限に活かす吉方位を知ろう

引越しを行う際には風水の力で吉方位のパワー活かせるようにすると良いでしょう。

 

方位のパワーの恩恵を受ける事で金運や健康運、仕事運と様々な分野で良し悪しが決まります。

 

地の利を生かすという事が引越しにおいて重要なのです。

 

そこで自宅に幸運を呼び込むためのパワーを得るためには吉方位と呼ばれる方角の土地を選ぶのが良いとされています。

 

また逆に凶方位と呼ばれる方角に住むと凶のパワーが増幅されて良くない事が起きてしまいます。

 

風水の世界では「1に方位、2に間取り、3に年回り」と言われており、引っ越す際における優先順位となるのです。

 

この鉄則をきちんと守る事で金運、仕事運、健康運を引き寄せる事ができるようになるでしょう。

 

逆に凶方位というのは、他の面で風水的に良かったとしても、それらをすべて打ち消してしまう程の強烈な力がありますので避けることを心がけてください。

 

 

吉方位に住む事で自身にも家族にも素晴らしい幸運を与えてくれますので物件選びに方位を取り入れていきましょう。


引っ越す方位と風水の関係

引越しにおける風水の考え方は方位が一番大事です。

 

凶方位に引っ越す事がなければ基本的には大きな事故や病気には巻き込まれないでしょう。

 

そこで、方位別に行った引越しの風水で伝えられている作用というものを紹介していきます。

 

 

吉方位への引越しをするという前提で読んでくださいね。


中央の場合

中央と言うのは同じ建物の上下の階に引っ越すという事です。

 

同じマンションの2階から5階に引越したりという意味です。

 

実はこの中央への引越しは、鬼門方位である「東北方位」への引越しと同じ効果があるのです。

 

ですので、同じ建物での引越しはやめておくのが良いと言えます。

北方位の場合

北方位への引越しは安定を示しています。

 

おだやかな暮らしや豊かで楽しい日々となるでしょう。

 

また子宝にも恵まれるようになり、病気の療養にも向いている方位です。

 

北方位自体が愛情と経済を司るパワーがあります。オススメは閑静な場所が良いです。

 

北側に大きな建物があると北風を防いでくれ、山が見えたりすると運気も上がるでしょう。

 

それに陽当たりの良い場所だとなお良い場所と言えます。

東北位への場合

東北位は風水では「鬼門」と言われ、縁起が悪いとされています。

 

ですが、鬼門方位への引越しを行う際には現状を打開したい時だけに決めておきましょう。

 

これまでの人生がトラブル続きだったり、過去を清算しようと覚悟を決めた場合にはおススメです。

 

家庭内での相続でモメたり、商売がうまくいかない時、人生の壁に当たっている場合は鬼門が吉方位と変わります。

 

さらに、東北方位は高いものと相性が良いので、高層マンションの上階や3階建てなどの家を購入したり立てたりするのも良いと言えます。

 

ですが、それでも鬼門であることを忘れてはいけませんので、引越した際にはすぐに家族で最寄りの神社にお参りに行きましょう。

東方位への場合

東方位は仕事や健康、そして新しい事を始める際のパワーを与えてくれます。

 

物件の選び方は朝日の良く当たる土地や建物が良いとされています。

 

インテリアには、その年のラッキーカラーを多目に配置して東方位のラッキーカラーであるピンク・赤・白・青の4つを意識して使っていきましょう。

 

とくに若い方の引越しに東方位はお勧めできます。

東南方位の場合

東南方位は人間関係・結婚・信用を得るなどのマンパワーを授かる事が出来ます。

 

ですが1つ注意して頂きたいのが凶方位となっている場合に引越しを行うと人間関係のトラブルが発生します。

 

特に若い時期に東南方位への引越しを行うと人間関係に恵まれ、楽しい生活を送れるでしょう。

 

またインテリアはストライプや花柄などを多めに使用すると運気が上がります。

 

更に言えば、自宅の近くに海や川があり、花が咲く公園などもあると非常に良いと言えます。

南方位の場合

南方位は人気・決断・直観力が高まる方位とされています。

 

この方位への引越しはハッキリとした決断力があるため、過去のゴタゴタが出てきます。

 

また吉方位だった場合でも同じように出てきますが、過去に出した答えに間違いがないというのが特徴といえます。

 

太陽の光が入ったり、海が見える場所がベストです。

 

奇抜なデザインや近くににぎやかな街があったり、人気スポットがあるとなお良いでしょう。

南西方位の場合

南西方位への引越しは誰が行っても穏やかに過ごせる方位です。

 

南西は田舎の風景と相性が非常によく、落ち着いて暮らす隠居や安定・安心といったパワーがあります。

 

ここ最近、落ち着いた暮らしが出来ないと感じた際には南西方位への引越しも検討してみてください。

 

古風な街並みの地域であれば尚良い暮らしが出来るでしょう。

西方位の場合

西の方位は商売繁盛のパワーを得る事が出来ます。また隠居という意味もあります。

 

特に若い方が西方位に引っ越すとのんびり暮らして遊びがちになってしまう事もあります。

 

引っ越す場所としては、近所に大型スーパーやショッピングモール、繁華街などがあると運気も上がります。

 

風水の言い伝えで「夕日が綺麗に見える所は金持ちに適している」とも言われ、経済力を身に付けて年齢もある程度とった場合におススメです。

 

吉方位になった際には金運と商売運がアップします。また、西方位にキッチン・バス・トイレがない家を建てたり、賃貸を探してください。

北西方位の場合

北西に不動産を持つ場合はかなり大きな力が必要となります。

 

引越し直後に厳しい状況になってしまう事もありますが、これを乗り越えると一気に運気が高まります。

 

北西自体には神仏という神秘的なパワーが秘められており、引越し先の近所に神社があったらすぐにお参りに行きましょう。

 

お参りをする事で運気を貰う事が出来ますので、忘れずに行ってください。

 

また近くに博物館・美術館・役所・有名ホテルなどがあると運が良い環境となります。

 

これらの方角と運気の関係を知る事によって引越し後の生活が豊かにすることが出来ます。

吉方位はどの方角?

吉方位はどの方角にあるのかが気になりますよね。

 

地の利を活かせる方位は、今現在住んでいる自宅から、引越し予定の新居への方角の事を指します。

 

風水においての考え方で、引越しを乞行う際にに良い方位や悪い方位というものが1年ごとに変わって行きます。

 

吉方位というのはマイナスの運気を出して、プラスの運気を取り入れます。

 

吉方位に住むとデトックスの様に元々あった悪い運気を出して、良い運気だけを集めるというイメージです。

 

凶方位は逆にマイナスの運気を取り入れて、プラスの運気を出していくのです。

 

今年は良い方位だったとしても、来年は悪い方位となってしまう事があるのでしっかりと知っておく必要があります。

 

当然の事ながら悪い方位への引越しを行う際には気の流れが悪くなりますので運気も下がってしまいます。

 

ですので、新居を選ぶ際には必ず吉方位を選ぶのが運気アップの鉄則となります。

 

それ程風水の世界ではこの2つの方位は最重要視されています。

 

では吉方位はどの方角にあるの?と最初に誰もが思う事です。

 

実は吉方位と凶方位は毎年・毎月において変化しているのです。1年前は吉方位だったのが今年は凶方位になる事もあります。

 

そこで簡単に吉方位と凶方位が分かるウェブサイトをご紹介いたします。

 

http://www.mindzoom.co.jp/direction/

 

こちらですと自宅の住所を入力し、目的地の住所を入力すれば自宅から見た方位を確認できます。

 

そこで方位と距離が表示されます。その後インターネットで「吉方位」と検索していくと今年の吉方位を紹介しているウェブサイトが出てきます。

 

そうする事で吉方位と凶方位の両方を知る事が出来るのでご参考ください。

 

 

吉方位と凶方位を知る事で引越し先の方角の良し悪しが分かるようになりますよ。


凶方位へ引っ越さないために

凶方位の方角へ引っ越さないようにするために気を付けるべき事があります。

 

ですが、現在住んでいる場所が凶方位だったとしたら不安になるかもしれません。

 

例えば、凶方位にしか空いている物件がなかったり、急な転勤でゆっくり選び時間が取れなかった場合などもあります。

 

そんな時は凶方位に住む事で受けてしまう悪影響のパワーを防ぐための対処行う必要があります。

 

その方法とは、凶のパワーを相殺してしまえばよいのです。そうする事で影響を受けないようにできます。

 

具体的には、凶方位にある新居に入る前に吉方位にある物件に約100日(3ヶ月ほど)仮住まいを行うのです。

 

 

こうする事で吉のパワーを高める事ができて、その後凶方位にある引越し先に住んでも悪影響を受けない予防策が出来ますよ。


吉のパワーを簡単に高める方法

吉のパワーを簡単に高める方法は実はあるんです。

 

先ほど述べた、吉のパワーを高める方法を知ったとしても現実的に100日も仮住まいで暮らすというのは難しい方が多いと思います。

 

そこでもっと簡単な方法も紹介します。

 

それは、吉方位にある海外の国へ2〜3日の旅行をしてくるというものです。これなら100日の仮住まいと同じ効果が得られます。

 

方位パワーを高めるには公式が存在します。

 

移動した方位への距離×滞在した日数=方位パワーの強さ

 

これが公式であり、長い距離の吉方位に行けばいくほどパワーが高まるという事になるのです。

 

吉方位に引っ越せば、パワーを相殺する事もやらずに済みますので、それに越したことはありません。

 

 

仕事の都合や金銭面の都合などでどうしても出来ないという場合には凶方位への引越しは避けるのが賢明と言えます。


年回りと方位は必ず守る

年回りと方位は必ず守ると運気を下げる事がなくなります。

 

引っ越す際に年回りが良かったからといって、方位をおろそかにしてはいけません。

 

新居に移動する方角が凶方位だとせっかくの年回りの良い運気でも必ず下がってしまいます。

 

凶方位は吉方位よりも遥かにエネルギーが大きく、影響力も強いのですぐに何らかの事態が起きはじめてしまいます。

 

例えば、引越し後に突然家族が原因不明の病気になったり、大怪我をしてしまう事も考えられます。

 

そこで必ず守ってほしい事は、新居工事や賃貸の契約や工事の開始は年回りの良い時に行う事です。

 

そして吉方位を絶対に選ぶ事です。これで運気の流れを良い方向に持っていく事ができるようになります。

 

せっかく年回りで運気が良くなったとしても、凶方位は簡単に運気を奪ってしまう程の力があるのです。


方位のパワーは増やせます

方位のパワーは増やすことができるので大丈夫です。

 

方位のパワーというのは、吉と凶の両方を強くする両面を持っています。

 

どちらか片方だけに偏るのではなく、どちらも公平に強くしていくのです。

 

吉方位に行けば運は良くなり、反対に凶方位に行くと運は落ちるという事を前提だと理解してください。

 

もしも引越し先が南が吉方位だった場合、夫婦の仲が良好になったり、また子宝にも恵まれる事もあり、さらにはお金もたまりやすくなるでしょう。

 

ですが南が凶方位だった場合、吉方位で起こる事の逆の現象が起きてしまいます。

 

夫婦仲が悪くなり、子宝にも恵まれる事もなく、いつまでたってもお金がたまらないという苦しい生活の果てに離婚なども起きうるかもしれません。

 

吉方位と凶方位では全く真逆の出来事が起きてしまいます。

 

 

吉方位だと良い事ずくめですが、凶方位だと想像以上の出来事が降りかるので注意しましょう。


子供にも影響が強く出てしまう

子供は大人以上に方位に影響を受けてしまいます。

 

吉方位なら学業もスポーツも良い結果が出て、健康面でも大きな怪我や病気となる事もないでしょう。

 

ですが凶方位だった場合、突然病気になったり大きな怪我をする事もあります。

 

さらには学業でも集中できなくなり成績が下がるという事が起きはじめます。立て続けに良くない事が起こる際には原因があります。

 

まずは引越し前から現在住んでいる自宅の方位を調べてみてください。

 

もしも凶方位だったとしたら原因と考えられます。子供だけではなく家族全体に凶方位の悪影響が及んでしまいます。

 

ですので、引越し前には年回りと方位の確認は必ず忘れないように行ってください。

 

 

引越しを行う際は、必ず吉方位のパワー活かしましょう。


単身赴任でも方位は影響するのか?

単身赴任でも方位は影響するのかも気になりますよね。

 

単身赴任というのは突然やってきたりするものです。

 

大抵は断る事が出来ずに会社の言うとおりにしなければならず、非常に迷惑なモノです。

 

自宅の場所が吉方位だったとして、赴任先の一時的な住居に関しては運気の影響は受けません

 

ですので家族の運気が下がるなどといった事はないのでご安心ください。

 

主人が転勤になったとして、東京から大阪に行ったとします。そこで住民票が移動しなければ問題ありません

 

 

風水では単身赴任=長期旅行と見なすので、引越しの扱いにはなりません。


影響が出てしまうケース

単身赴任で家族に影響が出てしまう場合があります。

 

それは主人だけが赴任先の地域に住民票を移してしまう事です。この場合、家族にも方位の作用が出てしまいます。

 

引越した先の方位の約3割ほどの影響が出ると言われ、吉方位ですと良い事が、凶方位だと悪い事が起きてしまうとされています。

 

また、実際に起きた事例は主人が赴任先で他の女性と恋愛関係になってしまったというパターンです。

 

この場合、家族全体に運気の影響はありませんが、妻にバレて離婚などになってしまう可能性はあります。

 

少し視点を変えて風水的な見方をしますと、浮気相手の女性の家が吉方位にある場合、何と主人の運気が高まるのです。

 

そうなると出世する可能性もあり、人の関係で言うと凶であっても、方位と言う見方でいくと吉になるのです。

 

 

家族のためにも住民票は移さずにおいてください。


昔話でもあった成功秘話

昔話でも語られている成功秘話があります。

 

実は浮気によって運気を上げたという昔話もあります。

 

特に源氏物語などは方位が人生に影響を与えるという記述もあり、方位の考え方は遥か昔から取り入れられていたようです。

 

こういった考え方を昔から利用している方は富や社会的立場を築いたりしているようです。

 

引越しや長期旅行にも風水の考え方を取り入れていけば運気を高める事も可能です。

 

 

特に若い時期から風水を取り入れ、吉方位に住んで運気を貯めていくと将来の成功や幸せにも生きてくる事でしょう。



TOPへ戻る