駅から見た自宅の位置は重要です

引越し先を決める時に重要な指標となるのが最寄り駅です。

 

自宅からどれくらいの距離にあるのか?というのは通勤や移動などに関して今後の生活に関わってきます。

 

駅が近ければ自宅から徒歩数分などで行けますが、離れているとバスに乗って駅まで行くという手段も取らねばなりません。

 

新居を探す際に「○○線沿い」に住みたいという希望はよく聞きます。やはりお気に入りの場所に引越したいのは当然ですよね。

 

ですが、引越し先の場所が駅から見てどの方位にあるのか?というのが風水の考え方では重要になってきます。

 

 

駅から見てどの方位に住めばよいのか?について説明していきます。


基本的な位置の考え方

基本的な位置の考え方を知っておいてください。

 

駅と言うのは、その街の玄関とも考えられます。

 

多くの人が駅を利用して移動をしていますので、人の流れの中心部とも言えるからなのです。

 

人が集まる場所には大きな気の流れが発生します。そこには大きなエネルギーがあるのです。

 

例えば自宅から見て駅が東側にあれば、東に玄関がある家に住んでいるのと同じ意味となります。

 

以下で方位による作用について解説していきます。

 

 

駅から見て、どの方位に住むかで生活が変わってきますよ。


方位による作用

方位による作用を纏めてみました。

  • 東の方位⇒仕事に打ち込みたい方や、特に若い方向け。
  • 西の方位⇒「穏やかに過ごしたい、経済的に恵まれて暮らしたい」などの願望がある場合。
  • 南の方位⇒技術的な仕事を行うエンジニアや企画などを行っている方向け。
  • 北の方位⇒「何かを学んで成長したい、家族と仲良く過ごしたい」といった方向け。

4つの方位でそれぞれ傾向が違ってきます。自分のスタイルに合わせた方位の物件を探してください。

 

基本的な方位との関係はコチラで確認してください⇒引っ越す方位と風水の関係

 

また最寄駅までバスで移動する必要がある際はバス停の位置も関係しています。

 

 

バス停は自宅の勝手口のようなものですので、自宅から見たバス停の位置も同時に確認しておいてくださいね。


自分がどう過ごしたいのか?で方位を決めていきましょう。

商売を始めたい場合

商売を始めたい場合も方位は重要です。

 

個人経営者となって店を構える場合にも方位の力は影響します。

 

駅から見てどの方位に店舗を構えるのか?というのは今後のビジネスの売り上げに影響します。

 

風水の考え方では、駅はその街の中心として各方位に対して運気を流しており、建物はそれらを受ける器としています。

 

ですので、駅から見てどの方位に店舗を構えるのか?は事業の方向性によって考えねばなりません。

 

店舗で物を販売するのであれば駅の西側の物件を探してください。

 

また、IT関連の仕事ですと南側が良いでしょう。

 

 

商売をする業種によって方位が変わります。



TOPへ戻る