単身赴任でも方位は影響するのか?

単身赴任というのは突然やってきたりするものです。

 

大抵は断る事が出来ずに会社の言うとおりにしなければならず、非常に迷惑なモノです。

 

自宅の場所が吉方位だったとして、赴任先の一時的な住居に関しては運気の影響は受けません。

 

ですので家族の運気が下がるなどといった事はないのでご安心ください。

 

主人が転勤になったとして、東京から大阪に行ったとします。そこで住民票が移動しなければ問題ありません。

 

そこで、風水の考え方では単身赴任は長期旅行を行っている事と見ていますので、一家の引越しの扱いにはならないのです。

 

ですが家族に影響が出てしまう事もあり、そのパターンについて説明します。

影響が出てしまう場合

単身赴任が家族に何らかの影響を与えてしまう事例があります。

 

それは主人だけが赴任先の地域に住民票を移してしまう事です。この場合、家族にも方位の作用が出てしまいます。

 

引越した先の方位の約3割ほどが出ると言われ、吉方位ですと良い事が、凶方位だと悪い事が起きてしまうとされています。

 

また、実際に会った事は主人が赴任先で他の女性と恋愛関係になってしまったというパターンです。

 

この場合、家族全体に運気の影響はありませんが、妻にバレて離婚などになってしまう可能性はあります。

 

少し視点を変えて風水的な見方をしますと、浮気相手の女性の家が吉方位にある場合、何と主人の運気が高まるのです。

 

そうなると出世したりする可能性もあり、人の関係で言うと凶であっても、方位と言う見方でいくと吉になるのです。

昔話でもあった成功秘話

実は浮気によって運気を上げたという昔話もあります。

 

特に源氏物語などは方位が人生に影響を与えるという記述もあり、方位の考え方は遥か昔から取り入れられていたようです。

 

こういった考え方を昔から利用している方は富や社会的立場を築いたりしているようです。

 

引越しや長期旅行にも風水の考え方を取り入れていけば運気を高める事も可能です。

 

特に若い時期から風水を取り入れ、吉方位に住んで運気を貯めていくと将来の成功や幸せにも生きてくる事でしょう。


TOPへ戻る