ベビー用品

ベビー用品は子供のいる家庭ならからなずある物です。

 

そして子供の成長によって役目を終えて倉庫にしまってあったりします。

 

ですが、使わなくなった物を所有していても邪魔になるだけで他の者をj補完する邪魔になってしまいます。

 

なのでベビー用品の処分する際の捨て時について紹介していきます。

食器セット

食器セットや離乳食用のセットは小さいうちだけで、いずれ使わなくなります。

 

引越しで新居にまで持っていく方が多いのですが、今使っていないのであれば持っていく必要はありません。

 

そしてよく言われるのが、「次の子が生まれたらまた使う」という言葉です。

 

ですが次の子が生まれるまでにまた数年空く事もあるでしょう。その際に殆ど買い替えるケースが多いのです。

 

そこで1人目の子が食器セットを使わなくなったら処分しておくのが良いでしょう。

 

どうしても保管しておくと場所を取ってしまいます。ならば捨ててしまった方がスペースを確保できます。

出産祝い

出産祝いで多くの方たちから物を頂きます。

 

ですが、その中には使わない物もあったりするのです。実用的で役立つおむつなどなら嬉しいのです。

 

引越しの際にも数年前に貰った未使用の出産祝いの品が見つかり、存在自体を忘れている事だったあります。

 

中には好みではない物もあり、何となく使わずにしまっている物も出てきます。

 

捨てるのが失礼かもしれないと考えるかもしれませんが、使わない方がかえって失礼にあたる事もあるのです。

 

そこで使わない物は必要としている方に譲ってあげると役立ててくれるのでベストな解決となるでしょう。

ベビーベッド

ベビーベッドは子供が成長しても何となく残っている事が多い物です。

 

よくある使われ方が、服を置く場所になっていたりするのですが。ベッド自体が実はスペースを奪っているのです。

 

そこで引越しを行う時を機に処分するのが良いでしょう。新居に持って行ってまで使うものではないのです。

 

ベビーベッドは赤ちゃんを置きやすいのと同時に、ちょうど物を置きやすい高さになっていますので何となく物を置いてしまいます。

 

ですが使わないのであれば必要としている方に譲ってあげたりすると喜んでもらえます。

ベビーカー

ベビーカーは4歳までの子供には良く使います。

 

しかし5歳を越えて使わなくなった物を倉庫にしまっておいても今後使う事は無いでしょう。

 

次の子供を予定しているのであれば良いのですが、そうでない場合は邪魔になるだけなのです。

 

そこで引越しの際にベビーカーを処分してしまいましょう。特に元値の高いモノはリサイクルショップやオークションで値段が付きます。

 

人気のブランドですと今でも数万円で取引されていますし、このお金で引越し費用にあてるのも良いでしょう。

 

特に玄関周りにずっと置き続けている家庭もありますので、是非とも一度再利用するかどうか?をご検討ください。


TOPへ戻る