美容品や男性用品の捨て時

美容品は女性にとって欠かせないアイテムと言えます。

 

ですがいつしか化粧箱などに使わなくなった物が余ったりしている事もあります。

 

そこで引越しを機に不要なアイテムを一気に処分してしまいましょう。

 

それぞれの美容品ごとに捨てる判断基準をご紹介します。

化粧品

化粧品は使わない女性はいないほど必須のアイテムです。

 

その中で購入当時は使ったけど、今は全く使ってないなんてものは数多くありそうです。

 

化粧水に乳液をはじめとした基礎化粧品などもいつしか新しいモノに変更して余っていませんか?

 

ですが化粧品には使用期限があります。

 

開封してから半年がたいていの期限ですが、肌に合わないなどの理由で使用しなくなることもあります。

 

そこで引越しの際に一気に使わなくなった化粧品を捨ててしまいましょう。今使っている以外のモノは必要ないでしょう。

香水

香水は使いそうで意外と使わないモノが多かったりします。

 

プレゼントなどで貰う事も多く、自分でも気に入ったものを購入するも何となく使わずに数年経ってたなんてこともあるでしょう。

 

いつしか化粧箱の中に使わない香水が増えていきスペースを占領したりしています。

 

普段から使わないモノは今後使う事は無いでしょう。また開封済みでも1年が期限と見て、それ以上なら使い道はありません。

 

香水は捨てる際に臭いが気になりますが、ボロ布などに含ませてから捨てましょう。瓶はもえないごみで出せばいいです。

 

引越しの際に化粧品と同時に処分してしまうのが一番タイミングも良いと言えます。

ヘアブラシなど

ヘアブラシや爪切りなどといった身だしなみを整えるアイテムも欠かせません。

 

ですが予想以上に数多くある場合ですと片付けが苦手という可能性も感じさせます。

 

家族全員で使ったりしますので、分かりやすい場所に決めて置いておくのがベストです。

 

古いモノは機能が低下したりしていますので思い切って捨ててしまうのが清潔感を保てて良いでしょう。

整髪料

整髪料は特に男性の使用が多いモノです。

 

洗面所の鏡の側にいろんな種類の整髪料が置いてあるのでしょうが、実は使っていないモノが多いのです。

 

新商品が出る度に買い替えて見たりしながら、以前使っていたものを使わなくなっていきます。

 

そこでどんどん古いモノが余って行き、いつしかスペースを奪ってしまいかねません。

 

引越しので整理整頓で捨ててしまうのが良いでしょう。

カミソリ

カミソリは男性のひげの手入れに欠かせないモノです。

 

ドラッグストアなどで5個入りの安いモノから1個1000円する切れ味抜群の物まで様々あります。

 

ですが実際に使うのは1つで充分なはずです。あとは替刃があれば良いのです。

 

そこで日ヱc日前の洗面台の整理と同時に使わないカミソリは燃えないゴミで捨てましょう。


TOPへ戻る