今すぐできる不要品判断方

不要品というのはあるだけで邪魔になってしまいます。

 

ですが、他人から見たら不要でも当事者だと正常な判断が出来ない場合があります。

 

そこで正確な判断が出来るかどうかのコツをご紹介していきます。引越しの際にも活用できます。

 

これなら5秒以内に不要品かどうかを判断できますので、是非ともご活用ください。

判断のコツ

判断をする際にはシンプルなルールを持っておきましょう。

 

結局のところ、自分でルールを決めていないのが捨てられない原因となっている事が多いのです。

 

引越しの際に片づけ上手な方は自分でルールを決めており、その基準で捨てるかどうかを決めています。

 

このルールと言うのは非常にシンプルなんです。そのルールはこちらです。

  1. この先使う事はあるか?
  2. 今必要ないなら今後も必要ないのではないか?
  3. 過去には役に立ったけど今はどうか?
  4. 自分で必要だと思い込んでるにすぎないかどうか?
  5. 清潔感が保たれているかどうか?
  6. 使用限度を越えているかどうか?

これらの明確なルールを決めていると良いのです。

 

捨てるかどうか迷った際に、このルールに当てはめていくと不要かどうかの判断はつきます。

 

いつまでも捨てられない理由は明確な基準がないからであり、決めているとすぐに決断が出来ます。

 

これらのルールがあれば5秒以内にほぼ決める事が出来ます。そこに余計な感情を入れると正常な判断が出来なくなるからなのです。

 

そして引越し時に家の中の不要品をどんどん処分する事でスッキリさせる事も出来て引越し時にも役立ちます。

 

ただ、どうしても微妙な判断をしてしまうモノもありますので、その際には保留する専用の入れ物を用意しておくと良いでしょう。

 

これですと後からしっかり検討も出来ますので、分別もしながらの片づけが行えます。


TOPへ戻る