衣類の邪魔なモノは即処分で

衣類は引越しを行う際に一番処分するタイミングに適しています。

 

春夏秋冬に併せた服でも、いつしか着なくなったりするものもあったりします。

 

そこで、引越しの際に衣類を捨てるべきタイミングについて紹介していきます。

 

また衣類ですとリサイクル店に持っていく事も出来て現金化も出来るのでオススメします。

流行の服

流行と言うのは毎年変わっていくものです。

 

そこで季節ごとにトレンドファッションを楽しんでいると、どんどん服が溜まって行きます。

 

また今年の夏に流行して服が来年はまったく人気がなくなるというのは日常茶飯事です。

 

気が付いたら流行うを過ぎ去った服ばかりがタンスやクローゼットの中に溜まっていませんか?

 

そんな時はもう思い切って処分してしまいましょう。流行が過ぎた服は着なくなるので邪魔になるだけです。

高級ブランドの服

高級ブランドの服は一度は着て見たいものです。

 

そんなブランド物にも定番と流行があり、定番ものだと毎年使えるのですが、流行ものだと流行り廃りが激しいのです。

 

また体系の変化により着なくなってしまう事もあります。そんな時は眠っているだけのモノになってしまいます。

 

そこでブランド品の買い取り専門店に持っていけば意外と良い値段が付く事もあります。

 

ブランド服ならではのプレミア感が高価買取になっていくでしょう。

子供服

子供服は成長過程によってすぐに着れなくなってしまいます。

 

赤ちゃんから1歳になる頃には既に当時購入した服などサイズが全く合いません。

 

また小さいころはどんどん成長していくので色んな服を安く購入できるので数も増えていきます。

 

お下がりで次の子に着せようとしても汚れやシミで傷んでいたりする事も良くあります。

 

いつか再利用しようと思っていてもなかなかタイミングが来ません。そこで思い切って捨ててしまいましょう。

 

特に汚れやシミは時間が経つと黄ばんで目立つようになります。ですのでなるべく清潔感のある物だけを残しておいてください。

フォーマルスーツ類

スーツは冠婚葬祭や仕事で着たりもします。

 

ですが必要以上に持っておくのはお勧めしません。単純に着ないだけでなくクローゼットの中で邪魔になってしまいます。

 

またいつ着るか分からないなら捨てても大丈夫です。おそらく着る事はありません。

 

さらに体系の変化によって買い直す事もありますが、古いモノはどんどん処分して邪魔にならないようにして行ってください。

 

今はスーツ類も安く購入できますので、なんとなく置いておく必要もありません。

ブランドバッグなど

バッグ類は日常でも使用しますが、ブランドものですとなおさら気に入って大事な時に使うでしょう。

 

ですがクローゼットの中にたくさん余っていたりしませんか?

 

バッグは用途に応じていろんなサイズがありますが、実際に使っているのは限られているはずです。

 

痛んでいたり古くなっている物は売却する、もしくは捨ててしまっても良いでしょう。

 

たくさん持っていても収納に困るだけで出し入れも大変になってしまいます。

 

またブランドものですと年に数回ならば特に必要性は感じられませんので、売ってお金に変えるのがベストです。

 

この先使うかどうかでバッグは判断すると捨てるタイミングも見極めやすいですよ。

スニーカー類

スニーカーは意外とたくさんあったりします。

 

とくに家族の人数が多いと、どんどん増えていき収拾がつかなくなる事もあるのです。

 

小さな子供がいる家庭では成長につれて毎年のようにサイズアップしていきます。そしてはかなくなったスニーカーは下駄箱の中にしまいっぱなしに。

 

これではせっかくの下駄箱も無駄な収納になってしまい、本来使っているスニーカーをしまう事が出来なくなります。

 

また大人用でもお気に入りなんだけどなかなか履かないといったものもあるでしょう。

 

そういった場合は買い取り専門店かインターネットオークションで売るとお金に変えられます。

 

また、他の人にあげてしまうという方法もあり、手間いらずで簡単に処分できますよ。


TOPへ戻る