家電で要らないモノを捨てるコツ

家電は引越しの際に買い替えたり捨てたりするのがよくあります。

 

ですが、家の中に全く使わなくなった家電が余っていたりしませんか?

 

しかも大きいものほどあまり使わなかったりして広い面積のスペースを占領したりするんですね。

 

そこで様zまあな家電を引越し時に捨てる判断基準について解説いたします。

 

また引越し業者に処分量料金を払えば引き取ってくれたりしてくれるんどえお得です。

 

しかもまだ比較的新しいモノですとリサイクルショップで買い取ってもくれるので便利ですよ。

携帯電話

携帯電話で機種変更した後の古いモノが残っている事が多いです。

 

家族で使用している場合ですと、古いモノだけで10個近くなってしまうかもしれません。

 

本当は処分したいけど出来ないという本当の理由は「携帯に個人情報が残っている」というものです。

 

リサイクル系の店に出してしまうと、そのまま再販売されてしまいデータが悪意ある購入者に復元される可能性もあります。

 

そこで古い携帯はドコモやソフトバンクなどのキャリア専門店に処分を頼むと安心できますよ。

アナログTV

アナログTVは意外と家の片隅にあったりします。

 

地デジに移行した後に買い替えで新しいTVを購入したけれど、古いTVがまだ使えるからと勿体なくて捨てられない事もあるでしょう。

 

ですが既に地デジに移行してから約5年は過ぎています。本当に古いTVを使うならチューナーを購入して再利用しているなずなのです。

 

やっていないという事は必要ないと判断しても良いでしょう。ですがアナログTVはリサイクルショップでも買取りを断られる場合もあります。

 

そこで引越し業者に依頼してアナログTVは引き取ってもらうのがベストです。コレで新居へ持っていく事もなく処分できます。

ビデオデッキ

ビデオデッキも今の時代にはそぐわない家電製品です。

 

今やHDDレコーダーが主流ですので、VHSなどのビデオテープは殆ど使用する事はないでしょう。

 

アナログTVと同じでビデオデッキもほとんど使い道がありません。ですが、一部のマニアはVHSデッキを求めていたりもします。

 

アナログTVと違ってビデオデッキならオークションなどに出品すれば多少の金額はつくかもしれませんが、状態が良いのが前提です。

 

もしも古い状態ですと価値もありませんので、スッパリと捨ててしまうのが良いでしょう。

フードプロセッサ類

フードプロセッサはキッチンの片隅にあるのをよく見ます。

 

しかも購入してから最初は使っていたけど面倒になって使わなくなったなんてこともありがちです。

 

他にも未使用のミキサーなどがキッチン下にしまってあり忘れていたなんてこともよくあります。

 

もはや持っているだけでスペースを取ってしまいますので、引越しを機に処分してしまいましょう。

 

そこでキッチンが片付いて綺麗になると調理もしやすくなるので効率がよくなりますよ。

電気毛布やカーペット類

電気系の毛布やカーペットは冬場には欠かせないアイテムと言えます。

 

ですが、中には押し入れの中にずっとしまいっぱなしになっており使っていないモノもありませんか?

 

特に2年も使っていない場合ですと今後使用するとは考えられませんので邪魔になるだけです。

 

また毎年のように性能が高くなっていきますので、古いモノで使わないなら思い切って処分してください。


TOPへ戻る