処分する順序を決めましょう

引越しの際に不要品を片付けるのには時間がかかります。

 

特に自宅が広ければ、その分だけ荷物も多いので分別してから処分するまで時間がかかってしまいます。

 

そこで何もかも一気に片付けようとすれば途中で挫折しがちになって作業が進まなくなってしまいます。

 

そこで1か月前から少しずつ仕訳を行いつつ、余裕を持って取りかかるのが良いでしょう。

 

さらには1日1〜2時間と決めて分別を行っていけば2週間ほどでかなり不要品を選別する事可能です。

 

一気にやってしまおうとすると収拾がつかなくなってしまい、片づけもやりにくくなって気分が重たくなるのです。

 

そして、どこから始めていくのかも決めておきましょう。

片づけの取りかかり

最初は洗面所から行うのがシンプルでいいでしょう。

 

特に思い入れのあるものもありませんし、引越し先に持っていかないと決めたら即捨てる事も出来ます。

 

その次はキッチンやシンク下を行い、ここでも使っていない・使う予定がないものは捨ててしまうのがいいです。

 

引越し先に使わないモノを持っていくこと自体が労力の無駄ですので、要らないモノは容赦なく捨ててしまうべきです。

 

この際にキッチン関連を一気にやってしまってもいいです。食器棚なども纏めてやるとスッキリします。

 

次に行うのはクローゼットが手軽で良いでしょう。ただ、ここから思い入れも強くなっていきますので気持ちの区切りも大事です。

 

買う時は色んな思い入れがあったのですが、購入後には全く着なかった服などもあるはずです。

 

こういったものは恐らく今後も着る事はないでしょう。ですので、思い切って決断してください。

 

処分と言っても捨てるのではなく、買い取り専門店へ持っていけばお金に変える事が出来ますし、引越し費用にも使えます。

 

基本的にクローゼットに入れる服などは高価な冬物などが多いので、高めに査定されるモノが多いので秋口などに売れば高くなりそうです。

 

さらには本棚へと続き、役に立たないものや読まなくなった物はどんどん仕分けしましょう。

 

本の場合はブックオフなどに持っていけばお金に変えることが出来ますが、あまり期待しない方が良いです。

 

もしかしたら捨てるのが早いかもしれないという程度ですので、思い切って捨てるのもアリです。

 

こういった流れで2週間あれば充分に不要品の仕分けは行えますので、是非ともやってみてください。


TOPへ戻る