生活用品をいつ捨てればいい?

生活用品は日常から使用するものhが多いでしょう。

 

ですが引越しの際に纏めて不要なものを捨てると荷物も減ります。

 

そこでどんな基準ですてればいいのか?を各アイテムごとに解説していきます。

タオル

タオルはどの家庭でも数多くあるものです。

 

使い込んだものもあれば、まだ使っていないモノもあったりして意外と不要物になったりするのです。

 

そこでタオルの捨て時ですが、古いモノは雑巾に転用したりする使い道もあり使い捨てでも可能です。

 

また余っているタオルは新しいモノを優先して取り置くようにしましょう。

 

そして1年以上たったものでと、生地も古くいなっているので処分対象となります。

 

引越しの際には家具や家電を拭き取りもしたりしますので、古いモノで拭き掃除を行ってそのまま捨てても良いでしょう。

クッションカバー

クッションカバーは意外と使わなくなってしまうものです。

 

最初は使っていましたが、後々使わなくなって邪魔になってしまい部屋の片隅に置いていたりします。

 

それが結構スペースを取ってしまうので、引越しの片づけの際に思い切って捨ててしまうのが良いでしょう。

 

また古くなったクッションカバーも汚らしく見えてしまうので清潔感を感じなくなります。

 

最初に購入する際に「本当に必要なの?」と考えるようにすれば余計なものを買わずに済みますよ。

布団シーツとカバー

布団のシーツとカバーも余っている物は意外と邪魔になります。

 

押し入れの奥に余ったシーツなどはよく見る光景です。ですがそれが結構邪魔になったりするのです。

 

そこで引越しを行う際に余ったシーツの使用頻度を考えてみると良いでしょう。

 

交換用にと思っていてもなかなか交換しない事が多かったりします。そんな時は思い切って捨ててもいいと思います。

食器用スポンジ

台所のシンク下によく予備のスポンジを置いていたりします。

 

ですが余っている物が多く、意外と使わない事が多いのです。

 

引越しを行う際に古いスポンジでガスコンロや換気扇の掃除に使用して捨てるといいでしょう。

 

そして新居で新しいスポンジを出すと手間も省けて効率よく使えますよ。

洗濯の粉洗剤

昔の洗剤は粉タイプが殆どで現在の液体とは違います。

 

液体にシフトしていく内に粉洗剤が置きっぱなしになって邪魔になってしまいます。

 

こういう時は引越し時に纏めて捨ててしまいましょう。時間が経って固まった粉洗剤は洗浄力が落ちてしまいます。

 

このまま使ってしまうと水に溶けずに衣類にこびりついてしまい、また洗濯を行う手間が発生してしまうからなのです。

掃除用洗剤

部屋のフローリング用の洗剤などは意外とたまっていきます。

 

TVCMなどで新製品が出る度に使いたくなって購入したりする事はありがちです。

 

そこで引越しの時に纏めて捨ててしまいましょう。新居で暮らしてすぐには洗剤は必要ありません。

掃除用具

掃除用具は欠かせないアイテムです。

 

色んな場所を掃除できる便利な物がアレコレと販売されています。

 

ですがかえって掃除の邪魔になる事もあるのです。

 

掃除に本当に必要なモノだけあれば良いのです。そこで引越しを機にいらない道具は捨ててしまいましょう。

 

特に掃除機や布団乾燥機はリサイクルショップに行けばお金になりますので持って行ってみてください。


TOPへ戻る