食器などの処分の基準

食器は引越しの際にかなり手間がかかる荷物です。

 

その際に処分も考えながら新居へと持っていくものを選別すると良いでしょう。

 

季節に合わせた用途のあるものや、こだわりの食器とあれこれ持っていると食器棚がいっぱいになってしまいます。

 

ただ、全てを上手く使いこなせているか?と聞かれると微妙なものもあったりするのです。

 

ですので不要なモノは引越しの荷造りの際に処分してしまうのが整理整頓にも繋がります。

 

また家族が多い家庭ですと必要なものだけを選ぶ事も大事なのです。

 

そこでどの食器の処分の基準にするかをご紹介いたします。

マグカップ類

マグカップ・湯飲み・グラスなどは結構多くありがちです。

 

頂き物や旅行のお土産などで購入して飾っている事も少なくはありません。

 

ですが気が付いたらもの凄く増えている事がよくあるんですね。

 

余ったモノは食器棚のスペースを取るだけで邪魔になってしまいます。

 

そこで家族に人数分以外のものは処分してしまいましょう。お気に入り以外のモノはほぼ使いません。

 

また破損していたり、汚れている物は容赦なく捨てるとスッキリします。来客用に1〜2個残しておく程度なら構いません。

お玉など

料理をする際に使うのがお玉やフライ返しですね。

 

調理器具も様々なものがあり、バリエーションも豊富なのでついつい購入してしまう事もあります。

 

そこで現在使っているものだけを残して、全く使っていない、もしくは極端に頻度が少ないモノは捨ててしまいましょう。

 

また使いにくいモノも処分対象です。引き出しの中に使わないモノが入っているだけで邪魔になります。

 

今すぐ使う際に隠れてしまい、探すのに手間取るくらいです。ならばいらないモノは捨ててスッキリさせましょう。

キッチンツール

キッチンツールは滅多に使わない道具が盛りだくさんです。

 

チーズおろし・アイスピック・パスタトング・スライサーといった小物がある事でしょう。

 

購入する際には便利だと思って購入するのですが、実際はあまり使わなかったというのも少なくありません。

 

しかも他の物で代用できる事が殆どで、今後も使う必要がない物は新居に持っていく必要はありません。

 

年に数回程度しか使わない物ですと代用できますので、捨ててしまう方が収納スペースを取りません。

弁当箱と割り箸

弁当箱は家族がいると増えていくものです。また箸も結構な数になって行きがちです。

 

家族が学校や職場に弁当を持っていくというのはよくある事で、弁当箱と箸は1セット扱いとなります。

 

特に子供が小さい時などは人気キャラのケースを使ったりもしますが成長によって箱のサイズも変わって行きます。

 

そこで使わなくなったものは捨てるようにして、必要最低限があれば充分です。

 

また箸ですが、割り箸からプラスチック製と様々なものがあります。

 

ですが余っていて使わないモノは邪魔にしかなりませんので捨てるのが良いでしょう。

 

箸はすぐに購入する事も出来ますので、家族の人数分と来客用に2〜3セットあれば充分です。

 

また割り箸はあっても損はしないので持っておいても良いと言えます。

鍋やフライパン

鍋やフライパンは煮物や焼き物をする際に欠かせません。

 

ですが、色んなサイズを持っていても実際に使うものは限られています。

 

キッチン下に収納する際に大きいのでスペースをかなり取ります。

 

そこで使わないモノを選別して引越し時に捨ててしまいましょう。また壊れた鍋の蓋だけ残っているのも邪魔です。

 

最早役目は終わったと理解して捨ててしまえばスペースも空きます。

 

鍋やフライパンを整理すると、かなり取りだしもしやすくなって便利ですよ。


TOPへ戻る