引越し後の原付のナンバー変更はお早めに

引越しの際に、意外とおそそかになってしまうのが、原付の登録変更です。

 

原付をお持ちの方は、引越しのときには必ず原付の登録変更も行っていただくことになりますので、この点はしっかりとおさえるようにしてください。

 

それでは、ここからは原付の登録変更の方法について説明していきたいと思います。

 

原付の登録変更に関しても、国民健康保険や国民年金と同じく、役所で行う必要があります。

 

基本的には、一度新自治体の役所に足を運べば完結することになります。ただ、必要書類を紛失した場合については、旧自治体の役所に出向いて、再交付してもらう必要があります。

 

そして、新自治体の役所で行う手続きの際に必要となるのが、「標識交付証明書」です。もしこの書類を紛失している場合には、旧自治体の役所で再交付が必要です。

 

他にも、「軽自動車税申告書」や「標識交付申請書」を提出する必要があります。ただし、これらの書類については、新自治体の役所で用意してもらうことができますので、こちらで事前に用意しておく必要などはありません。ということで、提出書類に関しては、以上になります。

 

ただし、自宅で用意しておかなければならないアイテム、持参すべきアイテムもありますので、今度はこれについて説明を加えることにします。

 

自宅で用意しておく必要があるアイテムは、「引越しをする原付のナンバープレート」です。これについては、新自治体が発行するナンバープレートと付け替える必要があるからです。

 

そして、持参すべきアイテムは、「印鑑」と、免許証などの「身分証明書」が必要になります。

 

もうひとつ注意しておかなければならないのが、引越しの際の原付登録の変更を行うのが、原付の所有者本人ではなく、誰かに依頼して代行してもらうというケースです。

 

このときには、いわゆる「委任状」が必要になります。代行する人が、新自治体の役所に委任状を持参して、上記の手続きを進めていただきたいと思います。

 

また、原付の引越しに関して、原付の登録変更手続きが終わったあと、もらってくるものがありますので、役所の所員のほうからの申し出があるとは思いますが、いちおう気を付けていただきたいと思います。

 

「もらってくるもの」とは、新しく原付に設置する「ナンバープレート」と、「標識交付証明書」の2つのアイテムです。これらのアイテムを忘れないように、必ず持ち帰るようにしてください。

 

これで、原付の登録変更は完了になります。

 

結論:引越し先の役場に行って申請しましょう


TOPへ戻る