生命保険の情報変更は会社に連絡を

生命保険に加入している人は多いと思いますが、引越しのときに、生命保険会社にひとこと連絡しておく必要があるというのは当然のことです。

 

そうは言っても、生命保険会社はその数が非常に多いため、基本的にはそれぞれの会社のホームページなどで確認していただき、それぞれの会社のルールにしたがって、住所や電話番号変更などの手続きを行っていただくのがベストということにはなるでしょう。

 

ただ、生命保険の場合、よほどのことがない限り、急に必要になるわけではありませんので、忙しい引越し前後のタイミングで急いで住所変更などの手続きしなければないという性質のものでもありません。

 

あまり時間が経ちすぎてしまうのも、住所変更の手続きを忘れてしまうといった弊害が生じる可能性もあります。

 

引越しの片づけが終わったら、いろいろな大切な手続きを順次済ませていきつつ、生命保険会社に連絡を入れて住所変更の手続きを行うという考え方で問題ないでしょう。

 

ただ、これはあくまでも生命保険の話であって、その他の保険に関しては、できるだけ住所変更などの引越しに関する手続きはすみやかに終えておいたほうがよいといえます。

 

特に、世帯主の方の場合は、新居に住まうまでに、火災保険の契約をしている保険会社に住所変更手続きを済ませておかなければなりません。ですから、当然住所変更手続きを打診するのは引越し期間中ということになります。

 

話を生命保険のほうに戻しますが、今の時代ですから、生命保険の住所変更などは、それぞれの会社のホームページなどから手続きを行うことができる場合が多いです。

 

ただ、引越しで新居に住まうとなると、特に新旧の自宅の距離が大きく離れているというケースでは、当然生命保険会社の担当者も変わることになるはずですので、大きな移動距離をともなう引越しの場合には、ホームページから簡単に住所変更手続きをしてしまうよりは、一度担当者と顔合わせをする意味でも、新居に来てもらうという形を採用しても悪くないおと思います。

 

もちろん、事前に住所変更の手続きをしてから、改めてその地域の担当者に着てもらって顔合わせをするということも大切です。

 

やはりいざというときに頼れるのが生命保険ですから、住所変更の手続きが簡単であるとは言っても、担当者との付き合いも大事にしておいたほうがよいといえるでしょう。

 

とにかく、引越しをして住所変更が発生したら、生命保険会社に連絡をとって、しかるべき手続きを行うようにしていただきたいと思います。

 

結論:なるべく早めに連絡しましょう


TOPへ戻る