収納サイズを事前に確認

新居に搬入する家具や家電と間取りのサイズは事前にチェックしておきましょう。

 

引越しに際してのトラブルというのは何かと起こりやすいものです。

 

不動産屋さんとの契約上のトラブル、オーナーさんとの細かい設定に関するトラブル、そして、物件の不備に関するトラブルなど、挙げればキリがないというくらい、トラブルの要因となるファクターはたくさんあります。

 

そういったトラブルは回避できない場合もあるかもしれませんが、しかし、自分のほうに理由があるトラブルに関しては、基本的には回避できるはずですので、そういったトラブルはできる限り回避する方向で考える必要があります。

 

回避できるトラブルを回避するためには、やはり契約に当たって、事前のチェックをできるだけしっかりと行うというところにヒントがあるといえます。

 

しかも、できる限り細部に至るところまでチェックを入れるということが重要になります。たとえば、間取りのチェックなども、要するに、モノを置くことができ、その上で人間が快適な暮らしを送ることができるのかという、最もベーシックの部分に影響するファクターであるといえます。

 

間取りのチェックをさらに突き詰めていくことで、最終的には収納に関するサイズはどうかというところも非常に重要になってきます。

 

つまり、間取りをチェックしてどのあたりに何(家具や家電製品)を置くことができるのかというところをチェックし、さらに収納に関するサイズをチェックすることによって、より具体的に、どういった配置が可能(もしくは不可能)で、どのくらいのスペースが余白的に残るのかといった部分を知ることができるということになります。

 

そうなってくると、物理的な部分でかなり具体的なイメージが可能になりますので、新しい暮らしのイメージも徐々に明確に構築されていくことになるのです。

 

では、より具体的に収納サイズを知るためにはどうしたらよいかというと、たとえばメジャーで実際に収納スペースを図ってみることが有効であるといえます。

 

事前に間取りをチェックした段階で何を収納スペースに収納するのかという見当をつけておき、実際に収納したいと考えているモノのほうのサイズをメジャーなどで測っておくというのもひとつの方法になります。

 

あらかじめおくことを想定しておいたモノが実際には置くことができなかった、あるいは置いてしまうことでいろいろと不都合が生じることが後になってわかったということでは、まさに直接的なトラブルになってしまいますので、収納に関するサイズのチェックは意外と重要であるといえるのです。

 

結論:メジャーとメモ帳は必須です


TOPへ戻る