引越し後にすぐインターネットを使いたい

引越しの際にインターネットの契約をするタイミングは非常に重要であると言えます。

 

特にインターネット回線の契約に関して問題になりやすいのは、ご自身の新居が持ち家である場合よりも、むしろ賃貸物件の場合のほうでしょう。

 

今の時代、インターネットをつかうことが生活の一部になっているため、インターネットなしでは生活が成り立たないという人も少なくないため、もともとインターネットの環境が整備された賃貸物件も珍しくなくなってきました。

 

インターネット回線が整備されている賃貸物件の場合、その回線や契約条件などに問題がないのなら、それをそのまま使用すればよいということになるわけですが、問題は、新規にインターネット契約を交わさなければならないというケースと言えます。

 

特に、引越しした賃貸物件が、インターネットなどの回線工事について制約があるというケースでは、いろいろ問題が生じることになります。

 

ですから、インターネットの回線工事が必要な契約になる場合には、本来ならば、その物件のオーナーさんと事前にインターネットについて交渉しておくことが望ましいといえることになります。

 

インターネット契約の場合、どうしても引越し後に考えればよいというふうに思われがちですが、回線工事のことを考えるなら、やはり事前に一度オーナーさんと話し合いをしておくべきでしょう。

 

もし、回線工事が必要なインターネット契約を交わさなければならないという場合には、もちろんその物件のオーナーさんが何の問題もなくこれを許可してくれるということであれば、そこで新たな問題が生じることはありません。

 

何も問題なく工事することが可能になります。ところが、オーナーさんが回線工事をさせてくれないという場合には、工夫が必要になるといわなければなりません。

 

要するに、有線でインターネット回線工事を行うとなると、物件の壁などに穴を開けなければならないといった新たな工事が必要になり、これを嫌うオーナーさんも意外といたりします。

 

インターネットが使用できる環境になるということで、むしろ歓迎してくれるオーナーさんもいますが、そのあたりはすべてオーナーさんのさじ加減であると考えておかなければならないでしょう。

 

どうしてもオーナーさんが首を縦に振らないというケースでは、無線ルーターを使用してインターネット環境を確保するという方法が考えられます。あるいは、スマートフォンなどのテザリングでインターネット回線を確保するという、引越し後の工事を必要としない方法に託すしかないでしょう。

 

結論:新居に入る前に契約は済ませておきましょう


TOPへ戻る