自力で引越しをやる事もできます

自力で引越しを行いたいと思うケースはよくあります。

 

同じ町内で引越したい場合だと業者に頼ると費用が高くつくのは間違いありません。

 

基本的に業者は決まった料金から追加で値段が上がっていくので荷物が少ない場合だと費用がもったいないと思う事もあります。

 

そこで自分たちで引越しをやってしまおうと思って済ませる方たちも実際にはいます。

 

家族や友人に手伝ってもらう事で大幅に費用を抑える事は可能なのです。

 

そこで自力で引越しを行う際のメリットとデメリットを紹介します。

必要なモノ

自力で引越しを行う際に必要なモノを纏めます。

  • 人員の確保
  • トラック及びワンボックス車
  • 梱包道具

以上になりますが、人員は家族化友人に声をかけると良いでしょう。

 

また必要な車はレンタカーショップで借りる事が出来ます。だいたい12時間で1万円前後になります。

 

そして梱包道具ですが、段ボールにガムテープは必要な分だけ用意してください。また荷造りロープもあるとなお良いです。

メリット

メリットですが、圧倒的に金銭面の節約になります。

 

レンタカーの料金と手伝ってくれた家族や友人の謝礼で済むからです。

 

また、引越しの日程も好きな時に組めますし、時間も午前中でも午後でも自由に選べます。

 

自力で引越しを行う際のメリットは金銭面と時間だけと言えるのですが、節約するならオススメです。

デメリット

デメリットの方が実は多いのです。

 

予定していた人員が当日になってドタキャンが入ったりすると予定が狂います。

 

また、梱包や運搬は素人ですので破損や紛失といった事も当然ながら起きてくる可能性は高くなります。

 

更に言えば、荷物を出し入れする際に床や壁を傷付けてしまい、大家さんから修理代を請求される事になります。

 

他にも、遠距離の引越しだと手伝ってくれる人達の都合で断られる場合もあります。

 

もしも自力で引越しを行おうと考えた際には、メリットとデメリットを理解した上で行うようにしてくださいね。


TOPへ戻る