引越しの荷づくりサービスという選択肢

引越しの際に、神経も体力も集中力も必要になるのが「荷造り」です。

 

なにしろ、現在お住まいのお宅にあるものほとんどに対して荷造りをしなければならないわけですから、引越しの荷造りは非常にたいへんな作業であるといわなければなりません。

 

しかしそうは言っても、近年では、いわゆる引越し業者のサービスの充実によって、業者によっては「大丈夫、荷造りもお任せください!」というサービスを提供してくれるところもあるかと思います。

 

ただ、引越しの際の荷造りを引越し業者に丸投げしてしまうというのも、正直一長一短あると考えたほうがよいはずです。そのメリットとなるファクターとデメリットにもなりうるファクターとを以下で確認しておきたいと思います。

 

上記にも触れた通り、引越しの荷造りというのは非常にたいへんな作業で、おそらく、すべきことが非常に多い引越しの中でも、時間的には最も多く必要となるのが、荷造りなのではないかという気がします。

 

ですから、そういった部分を引越し業者が代わりにやってくれるのであれば、もうこれほどのメリットはないではないか・・・と思われる人も少なくないでしょう。「面倒な作業を代わりにやってくれる」というのがこの手のサービスの最大のメリットであることは間違いありません。

 

ただし、デメリットに関しても、意外と盲点になってしまうことがあるのです。たとえば、非常に重要なもの、セキュリティにかかわってくるものを任せるわけにはいかないというところが、まずは最重要の注意事項ということになるでしょう。

 

そんな大切なものを引越し業者に任せるはずはないではないか・・・と、おそらくほとんどの人が考えると思います。考えるところまでは、誰もが当然及ぶことになります。

 

ただ、引越しという天地がひっくり返る大イベントの場合、重要な荷物として分別してあるものも、けっこう混然一体と化してしまうケースも珍しいことではありません。

 

それだけに、自分では引越し業者に任せるつもりはないと思っていても、意外とすでに業者の手によって荷造り処理が済んでしまっていた・・・ということも珍しくないのです。

 

そういうリスクを回避するなら、自分で荷造りをしてしまったほうがよいケースも考えられなくはありません。

 

コトが起こってからではどうにもできないくらいの重要な何かに、起こってはいけない万一のことが、実際に起こってしまったという事例も、引越しのときには意外と少なくないのです。

 

結論:予定が厳しい時は業者に任せるのも有りです


TOPへ戻る