引越しの前に事前に必要なモノを決めておきましょう

引越しをするということは、現在つかっているものであるか否かにかかわらず、すべてのモノを必ず目にし、だれかの手に触れることになるわけです。

 

ということは、そのモノをどうすべきかということについての吟味をするチャンスが与えられるということになるわけです。

 

ですから、整理する、梱包する、運びだすといったタイミングで、これが今後も必要になるのか、あるいはこの時点で不用品になるのかというところを分類することができるという意味で、引越しは非常に大きなチャンスということになるのです。

 

また、これまではたまたま家にあるだけでつかう機械にはなかなか恵まれなかったモノであったとしても、住む家が変わり、住む場所が変わり、そして環境が変われば、これまではたまたま不要であったモノでも、もしかしたら新たにつかう機会が巡ってくるかもしれないというところまで吟味することができるチャンスでもあるということになります。

 

さらに、荷物を整理していると、新居での新たな生活のイマジネーションが湧き上がってくるということも当然起こります。

 

そうなると、引越しを通じたいろいろな作業を経て、現在自宅になくても、新居では必要になりそうなものをイメージすることもできるようになってくるのです。

 

そういった意味でも、引越しというのは非常に大きなメリットがあるということになるのです。

 

ただし、引越しの忙しいさなかに、「あ、これは再利用しよう!」とか「あれは処分したほうがいいな・・・」とか、あるいは「新居では○○を新たに購入したいな」といった貴重な、しかもかなり実戦的なインスピレーションも、忙しさの中ですぐに消えてなくなってしまうことになるでしょう。

 

そういうもったいない事態を避けるためにも、インスピレーションが浮かんだらすぐにメモ帳などにリストアップしておくことをおすすめします。

 

処分するもの、再利用するもの、そして引越し先で新規に購入するものをそれぞれリストアップしてまとめておくという作業を引越し作業の中に加えることができたときには、引越し作業全体が非常にスムーズになると同時に、引越し先でも重要なポイントを押さえた作業を効率的に行うことができるようになるのです。

 

引越しというのは、引越し屋さんでもない限りは、人生でもそうそう行われるイベントではないわけですから、事前に何も知識がなければ、今回のお話のような細かいテクニックを駆使することはできないと思います。

 

それだけに、今回のことをぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

結論:優先する物を先に決めておきましょう


TOPへ戻る