引越し先の間取りの理想を求めて

引越し先の住居の間取り選びは言うまでもなく重要です。

 

理想の住まいとする為には自分や家族にとって本当に必要なモノは何なのか?を知っておく必要があります。

 

そして家族全員が快適に暮らしていける為の間取りのある物件を選ぶ事が出来る知識も大事です。

 

暮らしの方法は家族の人数によって変わってきます。単身から祖父母を含めた大家族まで様々なのです。

 

そこでどうやって暮らしたいのか?が見えてくるのですが、その際に理想の間取りを考えるようになっていきます。

  • 家族がそれぞれどのような暮らしがしたいのか?
  • 自宅でどうしている時が楽しいのか?
  • 自宅内でどういった空間にいると落ち着くのか?

こういった事を全員で考えていくと、リビングの広さはこれだけは欲しいとか、キッチンの形はこういったのが良いという希望が出てきます。

 

間取りや理想は10家族いたら10通りあり、全く同じ理想というのは、まずありません。

 

ですので、自分たちの理想を基準にして間取りを考えていくのが大事なのです。

家族構成でライフスタイルは変わる

家族で引越しを行う際には全員が快適に暮らせるのを重視してください。

 

例えば両親の部屋が立派な内容だけれど、3人いる子供の部屋が1つしかなく、3人が同時に過ごすとなると窮屈です。

 

逆に子供部屋だけが豪華で両親の部屋がスペースが狭いというのも考え物でしょう。

 

親も子供も両方が快適に暮らせるための間取りというのを、分かっていたつもりでも実際は全く違っていたという事もあるのです。

 

現在の生活を見つめ直し、家族全員の意見を聞きだしてから4LDKにするのか?といった事を決めていくのが良いと言えます。

 

また、家族の5〜10年後までを見据えて未来を思い描くことによって、家族全員が楽しく過ごせるような計画を練りましょう。

 

家というのは、長く住めば住むほどにライフスタイルは変化していきます。その時の趣味や嗜好によって変化が起きるからなんです。

 

そういった際にも柔軟に対応できるような余裕のある間取りを選択できるとベストでしょう。

 

そして、どのような間取りの家に引っ越せばよいのかをアドバイスさせていただきます。


TOPへ戻る