引越しの前に忘れてはいけない賃貸の解約

引越しをする際には、やはり現在の住居が賃貸物件であるというケースが多いのではないでしょうか。

 

賃貸物件に住んでいるということは、当然その物件のオーナーがいて、不動産屋などを仲介して、そのオーナーと契約を結んでいる状況であるということになります。

 

そして、引越しをするということは、同じオーナーの物件に入居するという以外のケースでは、やはりそのオーナーとの契約の解除を申し出てから、その物件を退居するということになるはずです。

 

とすると、ひとつ問題になるのが、やはり「契約解除の申し出の時期」ということになるでしょう。まさか引越しの前の日になっていきなり「明日退居しますので」と申し出たところで、そんな勝手が通用するはずがありません。

 

やはり賃貸物件のオーナーとしては、入居者を募って、家賃収入を得て生活している人がほとんどですから、オーナーサイドの考え方としては、できるだけ空室をつくりたくないということに当然なるはずです。それだけに、いきなり「明日出ます」は、基本的には通用しないのです。

 

結論からいってしまうと、賃貸物件の解約を申し出るタイミングに関しては、すべて締結されている契約どおりに行われる必要があります。

 

ですから、このことについては、基本的には契約書の内容だけがすべて正義であり、それ以外の発想はすべて排除されなければならない事例であるといえます。

 

一般論のようなものがないわけではないので、あくまでも契約書の内容が最優先であるという大前提で、一般論についてもお話していきたいと思います。

 

まずは、契約解除は誰に申し出る必要があるのか、というところから考える必要があるでしょう。

 

たいていの場合、不動産屋もしくはオーナー本人かその代理人に契約解除の申し出を行う必要があります。

 

その「代理人」が不動産屋である場合が多いわけですが、いずれにしても、これ以外の人に申し出ても意味がないのは明らかです。

 

このことに関しても、多くは契約書に明記されているはずなので、時期と同じく、契約書の内容をしっかりと確認して、担当者に連絡する必要があるといえます。

 

そして、解約申し出のタイミングですが、一般的には「引越しの1か月前」といわれることが多いです。

 

ただし、繰り返しになりますが、あくまでも契約書に記されている時期を守ってほしいということが前提になります。

 

どうしても契約書にかかれているタイミングに間に合わなかったという場合は、オーナーに相談して解決ということにはなりますが、家賃は1か月ぶん支払う必要がある場合がほとんどでしょう。

 

結論:1か月前には大家さんに言いましょう


TOPへ戻る