引越しハガキに書くべき内容についてご紹介します。

 

引越しの際には、友人知人もしくは取引先の会社などに対して「引越しのお知らせ」とか「引越しのご挨拶」といった形で、はがきなどを送付することが多いと思います。

 

もちろんそのこと自体はそれほど珍しいことではないですし、驚くようなことでもないのですが、ただ、引越しをする当事者からすると、ひとつ問題になることがあります。

 

というのも、引越しのお知らせ、ご挨拶などのはがきは、いったいどんなコメントをメッセージとして書けばよいのか?という点が、何とも難しく感じられてしまうことになるのです。

 

何しろ、引越しというのは人生でもそうそう体験することではないという人も多いと思いますので、それだけに、引越しのお知らせやご挨拶のはがきをこれまでに何度も送りました、などという人はごくごく限られてしまい、となると、当然引越しのはがきを出すときにはどんなコメントを書いたらよいかということが難しく感じられることにはなるでしょう。

 

ですから、できることならあまり難しく考えないでください・・・というのが、一番重視したいところでもあります。

 

そこが難しいということになるわけですが、ただ、あまり難しく考えてしまうと、コメントを書くということ自体がますます難しくなってしまいます。

 

もしこれが不幸のお知らせのはがきだったり、新年のご挨拶などといったタイミングでのはがきだったりするならば、コメントの内容には十分注意する必要があるとは思います。

 

しかし引越しでから、もちろん大切なはがき、大切なコメントでないわけではないものの、そこまで重く考える必要はないということになるでしょう。

 

さて、それでは引越しのお知らせ、ご挨拶のはがきにどんなコメントを書けばよいかということについてですが、まずは、「引越し」をしますという当たり前の事実をスタートラインにします。

 

そして、そこからはもう事務的なコメントの内容で問題ありません。引越し先の住所や、訪問、送付物の送り先変更の期日といった、特に重要になる部分をしっかりとコメントします。

 

取引先の会社に充てるはがきであれば、この部分が特に重要ですから、これで終わっても問題ないでしょう。加えても、「今後もよろしくお願いします」といったシンプルな内容にとどめるべきです。

 

親類縁者、友人知人などへのはがきであれば、「元気にしていますか?」といった内容のコメントを少し加えるという形でも悪くはないと思います。

 

とにかく、「引越し」そのものを伝える事が出来るように意識して書いてみてください。

 

結論:引越し先などを簡潔に伝えましょう


TOPへ戻る