固定電話をすぐに使えるように

固定電話の契約の変更は引越し前に行っておくのが良いです。

 

引越しで主に精神的な負担になるのは、やはり各種手続き関連ということになるでしょう。

 

手続きに関しては、大きく分けて2とおりあります。ひとつに、役所や学校などの公的な手続きです。そしてもうひとつが、ライフライン関連の手続きということになるでしょう。いろいろイベントはあると思いますが、特に、仕事をしている 

 

人にとっては、引越しというイベントは少々イレギュラーなところがあるといえます。ですから、会社関連の連絡手段は、引越しとは言え、できるだけ確保しておきたいというのが本音でしょう。

 

もちろん今の時代、携帯電話が全盛の時代ですから、携帯でやりとりをしてしまえば問題ありませんが、会社関連以外でも、何か緊急を要することが発生した場合には、どうしても自宅の固定電話のほうに連絡が入るケースが多いと考えられます。

 

そのときに、連絡がないということになると、混乱を招くことになってしまうかもしれません。ですから、固定電話の手続きも、引越しの際にはできるだけ速やかに行う必要があると考えておいたほうがよいでしょう。

 

引越し前のお宅の固定電話の解約は、できるだけギリギリのほうがよいはずですが、ただ、たとえば退去の1時間前に解約を申し入れても、すぐには受理されません。

 

1か月くらい前から固定電話の会社に問い合わせを入れておくなどの準備は必要になります。また、新居での通信手段の確保という意味でも、やはり速やかに固定電話の確保をする必要があります。

 

もし引越し前後で同じ電話会社を利用するということであれば、引越し1か月〜2週間前くらいに退去に関する問い合わせを電話会社にしたときに、一緒に新居の固定電話の開通に関する情報も入手しておくという考え方が有効であるといえるでしょう。

 

なければ何かと不便になるのが固定電話ですから、このあたりの手続きはしっかりとこなしておきたいところです。

 

結論:2週間前くらいに言えば大丈夫です


TOPへ戻る