引越し業者を相手にするクレーマー

引越しをする方で全ての人が優良な客ではありません。

 

中にはとんでもない言いがかりをつけてクレーム処理に持って行ってお金をかすめ取ろうとする悪質な連中がいます。

 

そこで実際におきたクレーム事例を元に、どのようにして言いがかりをつけていくのかを紹介します。

 

クレーマーは短期間で何度も引越しを繰り返すのが特徴です。引越し作業にクレームを付けるのですから当然と言えます。

 

そして引越しの度に何度も家具を新品に買い替えるのを繰り返す傾向にあります。

 

その理由ですが、引越しの際に家具を傷つけさせるのが目的です。

 

古い家具ですと傷を補修して再利用で済むのですが、新品の家具の場合ですと全額を業者が弁償しなければなりません。

 

クレーマーはそこに付け込んで新品の家具を毎回買い替えて、引越し業者を罠にはめるのです。

 

そこで業者もマニュアルにはクレーマー対策の方法を記しているそうです。

 

特に営業マンが最初の時点でクレーマーかどうかを判断するという事もあり、当日の作業スタッフに注意するように呼び掛けます。

 

クレーマーというのは一度お金を払ってしまうと、さらに付け込んで次々に要求がエスカレートしていきます。

 

そこで、そういったクレーマーを出来るだけ避けるようにしていくというのも大事なのです。


TOPへ戻る