引越しの際に迷うペットの扱い方

引越しの当日に普段から飼っているペットをどのようにしておくかは決めていきましょう。

ペットといっても今の時代いろいろなペットが飼われるようになってきてはいます。

やはり日本における最も代表的なペットといえば、イヌとネコということになるでしょう。家で引越しをするとなると、基本的にはイヌやネコも一緒に引越しをするという形になることが圧倒的に多いと思います。やはりペットとはいえ、イヌにしろネコにしろ、大切な家族の一員です。

ただ、実はそういった発想がペットたちにとって悪影響になってしまうことにもなるのが引越しという特殊な状況でもあるのです。

どういうことかというと、家族だからこそ、ペットも一緒に引越しするという人間側の勝手な安心感を、ペットたちに圧しつけてしまうことにもなりやすい状況であるといえるからです。

イヌにしてもネコにしても、ペットを代表する動物であることは明らかですが、しかし彼らからすると、私たち人間とちがって、引越しの作業をしている人間たちの姿を見て、いったいなにをしているのだろう、なぜこんなに大騒ぎをしているのだろうと、非常に大きな不安にさいなまれ、大きなストレスを受けることになりやすいのです。

しかしながら、人間の側は、ペットも引越しするのだから、ちょっとの辛抱だ・・・というふうに考えてしまうことになるのです。

ただ、荷物の片づけなど忙しい状態となってしまいますのでケージに入れておくか、もしくはペットショップに預けておくかといった事を決めておいた方が良いでしょう。

ペットたちからすれば、先々のことではなく、たいへんな不安を抱え、大きなストレスを感じている「今」が一番つらいときであり、一番なんとかしてほしいと感じるタイミングであるといえるはずです。

ですから、そんなペットたちを愛する飼い主である以上は、引越ししてからではなく、引越しの際中こそ、いつも以上にペットへの愛情を注いであげていただきたいのです。

引越しでゴタゴタしているときは、飼い主の側もどうしても頭が混乱してしまいがちですが、ペットたちにはそういった飼い主の混乱が伝わってしまいます。

ですから、できるだけ落ち着いて行動し、ちょくちょくペットたちに声をかけ、ちょくちょくペットたちに触れてあげていただきたいとのです。そうすることで、完全ではないにしろ、ペットたちも少しは不安やストレスを解消することができるようになるはずです。

そうなれば、引越しのような天地がひっくり返ってしまうような状況であっても、ペットたちは飼い主のいつもとほとんど変わっていない様子から、少しでも安心することができるようになります。

ペットによっては、あまりにも強いストレスを感じることで、短時間でも病気になってしまうこともあります。そういうことがないよう、引越しのときにはペットにも十分配慮してあげていただきたいと思います。

結論:片付けの邪魔になるなら預けるのも手です

TOPへ戻る