メジャーを活用してサイズを把握

内覧を行う際の最終チェックにメジャーが欠かせません。

 

実際に部屋の中に家具や家電を配置する事をイメージしたり、今ある物を置けるのかどうかを確かめる重要な作業となります。

 

そこで絶対に欠かせない項目を順に紹介していきます。

 

これらのチェックを怠ったばかりに、引越し当日に家電や家具を思い通りに収める事が出来なかったという失敗談はよくある話なのです。

 

そうならないためにも、チェックするポイントは必ず覚えておいてください。

洗濯機の置場

洗濯機の置場こそ、引越しの時にチェックを怠って失敗するところでもあります。

 

実は洗濯機の置場と言うのは物件によってサイズが全く持って違う事が多々あります。

 

以前の住居では置く事が出来た大き目の置場でも、次の引越し先では収まる事が出来ずに泣く泣く買い替えという事も起きています。

 

基本的に洗濯機を置く場所は洗面所付近にあるパンと呼ばれる白色のプラスチック部分です。

 

排水ダクトが専用で設置してあり、そこに合わせて洗濯機を設置します。

 

パンの無い物件は今では少ないのですが、ベランダに設置する物件もあったりするので事前にチェックしておいてください。

 

まずは、引越し前のパンのサイズをメジャーで測っておいてください。縦と横の幅が何センチあるのかをメモしましょう。

 

そして内覧を行う際に候補物件のパンのサイズを測って下さい。ここで今住んでいる住居よりも小さいパンですと洗濯機を設置する事が出来なくなってしまいます。

 

もう1つ忘れてはいけないのがパンの高さです。パンには排水ホースが万一外れてしまった際のために室内に水が溢れないようにパンの外側が壁状になっています。

 

この高さもきちんとチェックしておいてください。洗濯器の脚の高さによっては縦と横が治まっても高さで引っかかる事もあるからなのです。

もしも高さが合わない時は

パンの高さと洗濯機の脚が合わない時でも何とかできます。

 

パンに洗濯機が入らない場合はどうにもできませんが、脚の高さら解決できるのです。

 

その方法は、洗濯機の脚にスペーサーを挟んで高さを上げればよいのです。これでパンの高さにも対応できます。

 

ここで使用するスペーサーに関してですが、できれば洗濯機専用の防振クッションを使うのが良いでしょう。

 

ゴム製ですので洗濯機の振動を防いでくれて、尚且つ夜に動かしても大幅に振動を吸収してくれるからです。

 

また厚みも1.5〜2センチほどありますので、洗濯機を設置する際に同時にスペーサーとして使用するのをお薦めします。

 

購入したい時にはホームセンターにて販売していますので、近場で見つける事も可能ですよ。

 

もしも、それでも高さが足りない場合は、同じ防振クッションを2枚重ねにすると高さも確保できます。

ガス器具

ガスを使用する家電もサイズを測り忘れないようにしてください。

 

新居と同時に買い替える場合も、そのまま使い続ける場合もサイズ測定は欠かせません。

 

事前に絶対に確認しておきべきことは、候補物件で使っているのは都市ガスなのか、それともプロパンガスなのかという確認です。

 

今まで使用していたガスコンロやガスファンヒーターのサイズを先に測っておき、候補物件のガス台のサイズと照らし合わせてください。

 

ガス台というのも洗濯機のパンと同様に物件の広さによってサイズが全く違ったものとなっているのです。

 

そこで事前にサイズを測っておくことで、そのまま使う場合にも新しく買い替える場合でもサイズを合わせる事が出来るのです。

室内各所

室内の各所も家具を置くのをイメージしてサイズを測りましょう。

 

特に家具で大きなものとなるベッド・タンス・本棚は事前にサイズを測ってメモしておいてください。

 

例えば6畳の部屋にベッドを置くとどれくらいのスペースを取るのか?というのもシミュレーションできます。

 

タンスは寝室や別の部屋、本棚はリビングにテレビ台などと置くといったイメージが出来ます。

 

また各部屋の中に出っ張りな柱などがあった場合は、どのように家具を配置していくのかも考えなければなりません。

 

柱があるだけで家具の置き場所のレイアウトは大幅に制限されてしまうからなのです。

 

事前の物件資料では見落とす事も内覧では全て目に見えますので、その際にしっかりとメジャーをつかって測定をしていってください。


TOPへ戻る