引越しすることが決まって、そこからが非常に忙しい日々がはじまることになります。

 

しかし実際に引越しをするとなると、いったいどのタイミングで引越しの準備をスタートさせるべきかということが、まずは少々難しいということになります。ですから、まずはどのくらいの時期から引越しの準備をスタートさせるのかというところから考えていただきたいと思います。

 

もちろん、引越しの規模や移動距離なども大きく関係することになるわけですが、そうはいっても、個人レベルでの一般的な引越しであれば、いくら規模が大きくても、移動距離が長くても、引越しにかかる日数は数日程度の範囲の誤差で丸められるはずです。

 

ですので、あまり細かい日数のことは気にする必要がないといえます。つまり、引越しの準備をスタートするのは、だいたい1か月前くらいからということになるのです。

 

まずは引越しの日取りを決める必要があるわけですが、日取りが決まったら、その1か月前からいよいよ引越しの準備を行うことで、何かとスムーズに行うことができます。

 

「スムーズに」というのは、忙しい日々の忙しい時間を割いてまで、無理に引越しの準備のための時間を捩じ込む必要はない、という意味も含んでいます。ということは、当然引越しの1か月前までに、引越しをするということが決定していなければならないことにもなります。

 

まあ超能力者でもない限り、ひと月も先のことを予見することはできませんが、多少先を読んで、早目に動きはじめる必要があるという認識が重要になります。

 

とにかく、1か月あれば、いくら何か途中でトラブルが発生したとしても、どうにかなるだろう・・・というニュアンスでとらえていただくということでもけっこうです。

 

では、1か月前になったらまずなにをする必要があるのかというと、引越し業者のサービスを利用するのであれば、まずは引越し業者の手配を行うということが先決でしょう。

 

特に引越しがピークになる春先の時期に引越しのタイミングが重なったとすると、引越し業者は急に決められないというトラブルも発生しますので、1か月前であれば、まさに引越し業者を決定するのに申し分ないタイミングであるといえるのです。

 

そして、引越し業者と正式な契約を結んだら、スタッフの人に1か月の間の準備の方法などのアドバイスをもらうという作戦は非常に重要になります。

 

基本的には、引越し業者と力を合わせて作業をすることになるわけですから、プロの意見は大いに参考になるはずです。

 

結論:1か月前には見積りを済ませて業者も決めておきましょう


TOPへ戻る