引越し予定の3週間前になった時に何をしておけば良いでしょう?

 

引越しという作業は、いくら荷物が身軽であるといっても、やはりそれ相応の時間が必要になることは間違いありません。

 

移動するだけでもそれなりの時間がかかるわけですから、荷物が異動することを考えれば当然時間的にはさらに必要になってくるわけですし、荷造りの時間だって当然必要になるはずです。

 

そして、3週間前の段階ではどんなことが必要になるかというと、この段階大きなポイントになるのが、「不要品の処分」ということになるわけです。

 

不要品の処分の方法は、単純に「廃棄する」という方法と、「売る」という方法があります。意外とこの「売る」ほうの発想がまったくない人も多く、この部分で引越しという何かと面倒なイベントの中にも、一定のメリットを生む可能性もある、ということになるのです。

 

不要品に関しては、もちろんネットなどで検索すれば、買い取ってくれる、もしくはどのくらいの値がつくかを査定してくれるサイトも少なくありません。

 

もしかしたら何らかのお店が見つかるとは思いますが、ただ引越しの準備期間という多忙な時期に、ネットでいろいろ調べて査定をして・・・という作戦は、意外とうっとうしく感じられてしまうことも珍しくありません。

 

それならば、最寄りのリサイクルショップに直接出向いて、今度引越しをするので買い取れるものがあれば買い取っていただきたいのですが・・・という話をしてしまうほうが、むしろ手っ取り早いケースもあります。

 

引越し当日までに不要品を先に処分してしまうという事も出来ますし、また見積りの際に業者に頼んで追加料金で処分してもらう事も可能です。

 

ですから、そのあたりはうまくバランスを考え、引越し3週間前という時期を上手に過ごしていただきたいと思います。

 

結論:不要品の処分を先に済ませておきましょう


TOPへ戻る