新築マンションの一斉入居における絶対的なルール

新築マンションの引越しには暗黙のルールがあります

 

新築マンションの入居第1号となるのは凄く気分の良い物です。

 

中古マンションと違って見た目も何もかも新品で清々しい気持ちになられる方ばかりでしょう。

 

ですが、引越し解禁日となると購入者の方々が次々と引越しで押し寄せてくる事となります。

 

その時に必ずと言っていいほど守らねばならない暗黙のルールが存在するのを知っている方は少ないのが現状です。

 

もしもルールを守らなかった場合、どのような事態が起きてしまうのか?そして守っている場合のメリットと比較してご紹介いたします。

 

このルールは新築マンションの一斉入居に関するものですので、中古マンションには関係ありません。

 

 

新築マンション一斉入居の引越しにおけるルール及びメリット・デメリットを解説いたします。


幹事会社で引越しを必ず行う

幹事会社で引越しを行う事がルールです

 

新築マンションを購入した際、販売会社から引越しに備えてに幹事会社を指定されます。

 

幹事会社とは、マンション施行販売会社と独占契約を結んでいる大手引越会社の事を指します。

 

また幹事会社は、マンションの施行開始時に決定され、マンションの引越作業、入居調整の全てを取り仕切ります。

 

さらに全入居者の引越日時の調整、引越に伴うマンション全体の養生、引越混雑時の車両整理など入居に関する全てを統括しているほどです。

 

一般的な引越しならば、自由に会社を選んで見積りを取って比較して決めると言う事が自然な流れです。

 

ですがこの一斉入居に関してだけは幹事会社を利用したほうが、しない場合よりも計り知れないメリットがあるのです。

 

絶対に幹事会社を使わなければならないという決まりはありませんが、幹事会社はマンション全体の養生を担当し、1日あたりの引越し受け入れ件数もコントロールします。

 

そして、この幹事会社を使う事が一斉入居に置いて最大の約束事となります。

 

なぜ幹事会社でなければならないのか?と疑問に思う方も過去には大勢いらっしゃいました。

 

では幹事会社を利用する事で得られるメリットと、逆に使わなかった場合のデメリットをご紹介していきます。

 

 

メリットとデメリットをご紹介しますので、内容を比較してみてください


幹事会社を利用するメリット

幹事会社を利用する事で得られるメリット

 

メリットを簡単に纏めると以下となります。

  • 管理会社に全ての指揮権を与えられている
  • 1日の引越し件数及び日程を全て決める事が出来る
  • 自社が作業を終えるまで一切他社の作業はさせない
  • 遅れそうなときは応援スタッフで増員できる

 

基本的に一斉入居の幹事会社は、引越に際して管理会社より大変強い指揮権を与えられています。

 

マンションの販売段階の時点で引越にかかる全ての仕切りを委託されており、どんな引越会社も幹事会社の指示に従わなければなりません。

 

引越しが始まりマンションに到着してからの荷降ろしの順番と場所もすべて幹事会社の指示になるのです。

 

当然のように幹事会社のトラックと引越が最優先で手配されるので、他社で行う場合は幹事会社が終わってからの搬入となります。

 

オートロックのマンションの一斉入居ですと幹事会社の権限は非常に強くなり、幹事会社以外はずっと待たされる事となるのです。

 

また幹事会社以外で引越しを行う場合も、必ず幹事会社と打ち合わせを行った後に指定された時間で引越しを行わなければなりません。

 

さらには引越しで利用するエレベーターの使用時間も決められているので、幹事会社が上手く調整を行って運搬作業を行えます。

 

幹事会社が全ての日程や作業を取り纏めますので、引越しをスムーズに進める事が出来てごった返す事はありません。

 

万が一、指定した時間に遅れてしまったり、または時間内に作業が終わる見込みがない場合、幹事会社ですと必ず応援ズタッフが来て荷降ろし時間の便宜調整をします。

 

 

幹事会社を利用するメリットは絶対的な指揮権にあります


幹事会社を利用しないデメリット

幹事会社を利用しない事によるデメリット

 

デメリットを簡単に纏めると以下となります。

  • 幹事会社が終わるまで一切作業が出来ない
  • 幹事会社が遅延した場合、その分待たされる
  • 幹事会社が決めた時間内に終わらせなければならない
  • 最悪の場合、その日に作業が出来なくなる

 

幹事会社を使うメリットを十分に理解して頂けたと思いますが、デメリットは想像を絶するほどに大きいと言えます。

 

もしも幹事会社以外の所で一斉入居の引越しを行う場合、時間というデメリットが一番感じる事となるでしょう。

 

一斉入居を朝から行っている幹事会社があり、他社の場合は完全に終わるまで待たさせる事なります。

 

エレベーター・エントランス・階段・廊下などで幹事会社が作業をしている場合、他の会社は一切作業ができないのです。

 

その理由は引越会社によって作業手順が違いますので、作業員同士の事故を防ぐ為なんです。

 

また、メリットで述べた時間に遅れた場合の対応で、午後の作業で幹事会社に遅延が発生した場合、他社は待機4時間後の深夜の荷降ろしになってしまったり、最悪その日の荷降ろしは不可となってしまうケースもあります。

 

私が引越しの仕事をしていた時に実際にあったケースですが、300世帯が入る大型マンションで幹事会社でなかった時に約6時間の待機をさせられたこともあり、作業員とお客様の両方が非常に辛い思いをした経験があります。

 

こういった背景もあり、新築マンションの一斉入居の引越しの見積りを行う場合、幹事会社以外の所でやろうとすると断られてしまうケースもあるのです。

 

これだけのデメリットを抱えた状態で、尚且つ幹事会社が仕切る引越しという非常に肩身の狭い状態で行う事を嫌がります。

 

 

幹事会社を使わないデメリットは思うような日程で作業が出来ない事です


幹事会社の見積りが高い場合

幹事会社の見積りが高い場合の対処法

 

幹事会社を利用すると決めた引越しの場合、基本的に1社からしか見積りを取りません。

 

マンション販売業者から幹事会社で引越しを行うように指示をされますが、1社の見積りだと比較検討ができずに妥当な金額かどうかが分からないのです。

 

見積りを幹事会社のみでやってしまうと、金額をふっかけられると感じてしまう人も少なくないのが現状です。

 

そこで幹事会社の出した見積り金額が妥当かどうかを調べる方法として、もう1社もしくは2社を見積りに呼びましょう。

 

幹事会社以外の所には引越し先の物件が新築マンションで幹事会社がいるというのは黙っておいてください。

 

※なぜ複数の見積りを取るべきか?はこちらをご覧ください⇒見積もり時の上手な行い方

 

見積りを取る順番は幹事会社が1番最初にして、比較の基準としておきましょう。

 

次に幹事会社以外の見積もりを出してもらい、見積り料金を比較してください。

 

ここで注意してほしい事があるのですが、幹事会社より他社が安かった場合にすぐには決断しないでください。

 

金額の開きの範囲によって幹事会社を選ぶ、もしくは他社に依頼するかを決めるようにしましょう。

 

上記で述べた幹事会社を利用するメリットと利用しないデメリットは凄まじいものがあります。

 

そこで見積り金額が幹事会社より3万円前後の金額で高かった場合は、そのまま幹事会社に依頼する事をおススメします。

 

幹事会社の権限や作業日程を考慮し、他社よりも3万円前後高い場合はお金よりも権限の方が圧倒的にメリットを感じます。

 

他社が幹事会社よりも安かった場合は幹事会社に「もうすこし見積りを安くしてほしい」と交渉する余地が出てきます。

 

もしも幹事会社が一番安かった場合はそのまま引越しを行う意思を伝えて成約すれば良いのです。

 

ですが、幹事会社が他社よりも6万円以上高かった場合は1度交渉してみて、それでも納得のいかない金額だった場合は他社もやむなしと言えます。

 

ただし、幹事会社のメリットとデメリットを十分に理解した上の覚悟で他社に依頼するようにしてください。

 

この方法は日程のリスクが出てきますが、どうしても見積りが高く納得できず、安く押さえたい場合にのみやってみてください。

 

 

私自身は金額よりも幹事会社の権限やメリットを十分に分かっていますので、高くても依頼します



TOPへ戻る