引越しが急に決まった場合でも対応してもらえます

引越しを行う際は1か月くらい前からその準備をはじめるのが通常です。

 

すべての荷物を引越し先に運びこんで、そこでまたなんだかんだ1か月くらいかけてようやく新しい暮らしに戻るといったパターンが一般的なのではないかという気もします。

 

しかし中には、急な引越しが必要になってしまうというケースもまったくないわけではありません。

 

たとえば、単身赴任の社命が下るケースは、もちろんあらかじめ数か月も前からそういった辞令が下る場合もありますが、しかし意外と直前になって急を要するようなパターンも少なくないようです。

 

そういった場合には、会社としては辞令と費用だけは負担してくれるものの、引越し業者までは選んでくれないというのが普通でしょう。

 

こんな時に困ってしまうのは辞令を出された本人です。文字通りの「単身赴任」であれば、奥様に支度を手伝ってもらうことも可能でしょうが、独身者の方が突然異動の辞令を出されたりすると、これは困ってしまうことになるでしょう。

 

何しろ引越しを手伝ってくれる人がいないということ自体、ある意味非常事態でもありますので、一気に大ピンチの状況に置かれてしまうことになるのです。

 

しかしそんなときこそ、慌てずに対処していただきたいと思います。というのも、今の時代、即日で引越しの申し込みができる引越し業者というのも、意外とあるからです。

 

ですから、いざというときには即日対応してくれる引越し業者に依頼するという方法も視野に入れて、冷静に対処していただきたいと思います。

 

ただし、即日対応できる引越し業者は、それだけのメリットがあるため、その分多忙であるケースが多いです。

 

引越し業者に必要なのは、何といっても「トラック」ですが、「即日で何とかしてください・・・」という依頼が多いため、意外とトラックが出払ってしまっているという即日対応引越し業者は少なくないのです。

 

そしてもうひとつ挙げておかなければならないのが、即日対応の引越し業者に、即日の引越しを依頼してしまうと、」その分費用がかさんでしまうというリスクがあります。

 

もちろん会社の辞令で即日の引越しが必要になる場合には、会社側が費用を負担してくれることにはなると思いますが、ご自身の何らかの事情によって即日引越しが必要になった場合には、それなりの出費がかさむということは念頭においておくべきでしょう。

 

ということで、即日対応の引越し業者は、見つけるのがたいへんであることと、費用が高いということを覚えておいていただきたいと思います。

 

結論:急な引越しも出来るが、値段が高くなる可能性あり!


TOPへ戻る