引っ越し費用を抑えるのは見積りが一番です

 

こんにちは。当サイト管理人の大山です。実は私はかつて引越し業者でアルバイトをしていました。

 

そんな経験を活かし、これから引越しをする方たちの安い料金で出来るようにアドバイスが出来たらと思っています。

 

引越しは突然決まったりするもので、仕事の転勤を初めとして新入学や新卒での赴任地などなど様々ですよね。

 

そんな時に最初に気になるのがやはり引越しに掛かる料金ではないでしょうか?

 

運ぶ荷物の量や移動距離、それに家族の人数も多ければ多いほど料金はかかってしまいます。

 

ですが、実際に料金は見積りを取ってみないと分からない部分と言うのが結構あったりします。安いと考えていたら実際は結構かかったというパターンもあります。

 

そこで業者に電話をして自宅に来てもらって見積りを行うという流れが一般的なんですが、自分で考えていた金額とかけ離れていると断りづらかったりします。

 

 

そんな時って結構気まずい空気になってしまう事もあるので、なるべくならそうならないようにしたいものです。

 

でも大丈夫です。そんな事にもならずに納得の見積り額で引越しが行えるようにする事はできるのでご安心ください。

 

当サイトでは引っ越し費用の見積りを安く抑えて節約するための方法をご紹介してきます!

引越しの見積もりで一番安くする方法

引越しの見積り料金を一番安い方法から先に紹介して行こうと思います。

 

何かもったいぶらせるのも好きではないので、結論から先にご紹介した方が分かりやすくていいですからね。

 

一番安い見積り金額を出す方法は「一括見積り」という方法です。

 

実は今、引越しを行う時に料金を一番抑える事が出来るもっとも有効な手段として知られています。

 

一昔前までは、業者に電話をして見積りを出してもらい、また同じ日の別の時間や翌日に業者に来てもらって見積りを出してもらうというやり方でした。

 

ですがこの方法だと毎回様々な引越し業者に連絡しては来てもらうの繰り返しでハッキリ言うと効率が良くないんです。

 

しかしインターネットが普及した今の時代はわずか数分で簡単に、より多くの業者に一度で安い見積りを依頼する事が出来るという便利なシステムが出来たのです。

 

さらには一括見積りは無料で申し込めて、一番安い料金を提示した引越し業者を選ぶ事も出来るので安い金額で行う事が出来ます。

 

まずは一括見積りを行ってどれくらいの金額が引越し業者の間で開きがあるのか?を知っておくと良いですよ。

 

もしかしたら数万円もの金額の差が出るかもしれませんし、実際にそういった事は多々あるので是非とも一度お試しください!

引越し見積り料金の内訳ってどうなってるの?

引越しにおける見積りで実際の料金体系なんですが、基本的には荷物を運ぶ運送費用に人数分の人件費となっています。

 

単身〜2人くらいのお客様だと2トン車に2名のスタッフでの作業となります。

 

また4人以上の家族などになっていくと運ぶ荷物の量も増えますので4トン車に3名のスタッフで半日〜1日がかりの作業となります。

 

この基本作業にオプション(別料金)で元の家で使用していたエアコンの取り外しから引越し先への設置なども行ってもらえます。

 

また他のオプションでは事前に引越しスタッフが訪問して段ボールに詰めてくれる荷作り作業というサービスもあるので荷作りが多くて困るときには重宝します。

 

他には見積りで決定した際に業者からもらう荷作り用の段ボールも有料のモノと無料のモノがあるのですが、どちらも基本的には変わりませんので好みとなります。

 

引越しの当日はスタッフがやってきた際に先に料金を払ってから作業開始となりますので、当日はお釣りが出ないように用意しておくといいですよ。

引越し予約は早目にしておきましょう

引っ越し業界では繁忙期と呼ばれている時期が年に2回あります。

 

それは2〜4月と9月です。この時期は多くの作業依頼が舞い込んで今すぐ引越ししたい時には予約が取りづらかったりします。

 

と言うのも、繁忙期は1日3件の引っ越し作業を行うのは当たり前で、中には夜中の1時までスタッフが作業していることもあるんです。

 

私自身は朝の1時にやっと引越し作業が終わって帰宅したのは数えきれないほどあります。それほど繁忙期は引越し件数が多いのです。

 

特にお客様から言われていたのが早めに予約を取っておいて良かったという声です。だいたい繁忙期の1ヶ月半〜2か月前から引越し予約しておくといいですよ。

 

この時期と言うのは引越し業者間でも激しい争奪戦が行われ、業績アップの為により多くの仕事を取ろうと必死になってますので、予約が間に合わないお客様も居たりしました。

 

繁忙期以外なら1週間前でも予約が取れたりするのですが、もしも繁忙期に引越しの予定が決まっているでしたら、1日でも早く見積りを取って予約をすることをお勧めいたします。


http://emilyhillwriter.com/ http://lucky-777-casinos.com/ http://coffeeworker06.com/ http://kanta-cello.com/ http://learninglaffs.com/ http://couponsmallonline.com/ http://3dayboys.com/ http://atrishq.com/ http://mainemog.com/ http://ideish.com/ http://shouldbeathing.com/ http://maiteguerrero.com/ http://checkuptoday.com/ http://juliemichellephotography.com/ http://gtftr.com/ http://windowiz.com/ http://local-ventures.com/ http://emilperformance.com/ http://amsterdamburlesquefest.com/ http://linnellforcongress.com/